Tokyo based funk/soul group,Q.A.S.B.'s Official Blog

2019年2月15日金曜日

Q.A.S.B.史最終回〜2013,2014年のライブ活動

旧ベースの者です。お久しぶりです。
今更ですが昨秋のラストライブのMCでお約束してしまったバンド史のラストです。
もう随分と日が経過してしまいましたが、やりましょう。
今回もライブ記録のみとなります。
長ったらしい文章ですが、最後の方に微笑ましいエピソードがありますので我慢して最後まで読んでね(笑)。
 

2013年01月14日(日)渋谷・ClubBar FAMILY


Q.A.S.B.7inchVinyl Release Party


この日は2枚の7インチシングルのリリースイベントでした。
前年秋、mikisukeさんに代わって加入したトロンボーン担当マキコさんが初登場。

DJに黒田大介さん、RYUHEI THE MANさん、DOY AYERSさん。
我々のShowではMountain Mocha Kilimanjaroの小林”Bobsan”直一さんにMCをお願いし、盛り上げていただきました。

この日は「嵐を呼ぶバンド」Q.A.S.B.の面目躍如、大雪でした。
参考:Q.A.S.B.史第3回〜2006年の活動と、あるジンクスについて
Q.A.S.B.大雪メモリーの中で、個人的に一番つらかった…(アンプ運んでたからね)。

 

2013年02月17日(日)渋谷・NoStyle

 

「Bottle」久々の出演(たぶん10回目)。

 

【GUEST LIVE】Q.A.S.B.
【GUEST DJ】masaki
【DJ's】SND,GAKU,LEEE,ハラダケイスケ
【書道】丸山春楸
【FOOD】すずキッチン
【DESIGN】M.Hirao

【お知らせ】たくさんたくさんお世話になったBottleですが今週末2月17日がラストとのこと。皆さん是非足をお運びください!

→→→ https://www.facebook.com/events/530003434149192

 

2013年04月12日(金)渋谷・The Room


 

「KYOTO JAZZ MASSIVE Presents SOUND SANCTUARY」に出演 。




初めてのThe RoomでのShowでした。
DJは沖野修也さんとOIBONさん。
ギターの小野アイカさん退団に伴い、STORMER & THE STOLEN HEARTSの迫田幾太郎さんに参加頂きました。
バンドとして、新しい展開がスタートした夜でしたね。

 

2013年07月21日(日)渋谷・ClubBar FAMILY

 

所属レーベル主催イベント「Soul Garden Vol.6」出演。



DJはRYUHEI THE MANさん、AFRO-TEEさん、DOY AYERSさん。
ギターはJariBu Afrobeat Arkestraのテッタさん、そしてトランペットのすとっちさん退団を受け、サポートでMOHAさんにご登場いただきました。

 

2013年09月27日(土)渋谷・The Room

 

「CHAMP」に出演。




Roomの定期イベントに2ndアルバムのリリパの意義も込めて出演させて頂きました。
この日のギターは迫田さん。
そして前回手伝ってくれたMOHAさんが正式メンバーに。

[DJ]
YOSUKE TOMINAGA
OIBON
大塚広子
四丁目
HICKEY
中島雅人


2013年のライブ活動はこれでおしまい。
いろいろと転機が訪れた年でしたね。
せっかくなので翌2014年分もおさらいしてしまいましょう!

 

2014年02月08日(土)渋谷・JZ BRAT

 

『TOKYO SOUL DRIVE vol.13』出演



HIROKINGさんのこのイベントに再びお呼び頂きました。
前年のギタリスト募集で加入したYAMAちゃん初登場。

しかしこの日も大雪!!!!!
自分は当初店の営業を終えてから急ぎ車でハコに入る予定だったのですが、
急遽店を休業して電車が動いているうちに移動を済ませて事なきを得ました…


◇Live
 Q.A.S.B.
 Natureal
◇Dance Performance:
 Kumari Suraj
 Downtown Bounce
◇DJs:
 西崎信太郎
 neco DJ
 DJ MASAMI
 DJ HIROKING
◇Guest Bartender
 村田紘子
 山口奈里子

 

2014年03月19日(日)渋谷・ClubBar FAMILY

 

所属レーベル主催イベント「Soul Garden Vol.8」出演。



2ndアルバムのCD発売を記念して“Q.A.S.B.II” CD Release Partyと銘打ち開催。

Special Guest DJ:RYUHEI THE MAN
DJ : AFRO-TEE, Ryo Kanno, DOY AYERS, SND, Grand Master X

 

2014年04月28日(月祝)渋谷・The Room

 

所属レーベル主催イベント「Soul Garden Special at The Room」出演。



主にFamilyで開催していたレーベル主催イベント“Soul Garden”をRoomで特別開催しました。
[LIVE] Q.A.S.B. JariBu Afrobeat Arkestra
[DJ] RYUHEI THE MAN, CICCI

 

20140528日(日) 渋谷・Club Bar Family

 

「club bar FAMILY 18th Anniversary Party」に出演。




Family18周年イベント3daysの最終日にお招き頂きました。
この日は出演者多数につきここでは割愛させて頂きます。

 

2014年06月22日(日)元住吉・Powers2

 

イベント「帰って来た Zen Ra Arkestra」に出演。


A.Saxの高木克明さん企画のライブに出演させて頂きました。
Zen Ra Arkestraと高木トリオが対バンだったのですが、このZen Ra〜にはQ.A.S.B.のサチ、マキコ、モハの3名が参加しており、このメンバーは2ステージこなしたのでした。おつかれさまでした。

そしてZen Ra〜を主催されていた高木さんですが、闘病の末、2017年9月に逝去されました。改めてご冥福をお祈りいたします。

 

2014年11月02日(日)広島 4・14(ヨンジュウヨン)

 

「Hiroshima weekender 2014」に出演。



2010年8月の大阪以来、久しぶりの遠征でした。大阪は贅沢にも新幹線でしたが、この時は10人乗りのワゴン車をレンタカーで借りて夜通し走りました!前にも少し書きましたが、行きは前夜ルーファスに集合し(マキコさんだけスケジュールの都合で往路のみ新幹線入りでしたが)、営業終了後の深夜2時半に出発。運転手は私とサチさんの二人体制でした。

今となっては笑い話ですが、広島について最初にまずお好み焼きが食べたいとなり、不勉強だった我々は、よりによってなんとあの有名店(笑)、「う○し×」に行ってしまったのでした…界隈を歩いていたら「涼しい!!」と誇らしげに掲げられた謎の看板。長旅の疲れか我々はろくにリサーチもせず、「ここでいっか」となってしまい…何も知らない我々は、「これが広島のお好み焼きか…」と思いつつ、皆なんとなく寡黙になっていたように記憶しています(笑)。その後主催の方々にご案内頂いた鉄板焼き屋さんでのお好み焼きのなんと美味しかったこと!この感動を倍化させるために昼間の体験があったのだなと今は思います(笑)。しかし思い返すと遅れて広島入りしたマキコさんは夜の美味しい方しか食べてなかったのだと思うとやっぱり恨めしいですね…

もう一つ笑い話をすると、車での長旅はこまめな休憩が大事ということで、1,2時間毎に高速のサービスエリアに入って運転手の交代や軽い休憩をしていました。すごかったのはモハくんの食欲です。SAに入る度になんか買ったり食ったりしているのです。たぶんすべての休憩でやってました、彼は。あっぱれでした。

以上、2013、2014年のライブ活動のまとめでした!
やはり旅って思い出が残りますよね…こうやってバンド生活を謳歌していたのだなぁ。




さて、現在のQ.A.S.B.の皆さん、既に発表の通り新ベースの者の方(日本語が変)も決まり、そしてメンバー交代後初のLiveShowも決まりましたね!

Q.A.S.B. New Album “Thinking Of You” Release Party

■ Place : THE ROOM Shibuya
■ Date : 2019.03.31(sun)
■ Open : 17:00
■ Close : 23:00
■ Guest DJ : RYUHEI THE MAN、 DJ KAWASAKI
■ Entrance : 2,000 yen (+1d)
■ Advance : 1,500 yen (+1d)

いよいよですなぁ。
新しいQ.A.S.B.、皆さんも是非、歴史の目撃者になって下さい!
自分も楽しみにしています。

私KobのQ.A.S.B.での活動はこの記事で終了です。
事務方の引き継ぎも終わりましたし、今後は一ファンとして、バンドの成長・発展を見つめてまいります。
縦横無尽の活躍を見て指を咥えながら地団駄を踏む、そんな日が来るのを楽しみにしています。

それでは皆様、ごきげんよう。
またいつの日かどこかでお会いしましょう!!

2019年1月23日水曜日

ベースの者、Shellyよりご挨拶


はじめまして。Shellyと申します。

突然ですが、この度ベースの者として、Q.A.S.B.に参加させて頂きます。
これからどうぞよろしくお願いいたします!

そしていきなりのブログ投稿…ちょっと緊張しますが
書きたいことがあります。

何回かの事前セッションや、先日の初回スタジオ練、新年会でメンバに聞かれた

「なんでQ.A.S.B.に入りたいと思ったの??」

「そうやー!志望動機はなんなんやー!!」

という質問に、実はまだちゃんと答えられていませんでした。
入団のご挨拶として、ここに綴りたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

そういえば、もう一つ聞かれていたことがありました
「好きなベーシストは誰かいるの?」

確かに、●●が好きだからこういう弾き方…という凄腕ベーシストさん
世の中にたくさんいらっしゃいます。一貫したスタイルがある方を見て
わたくしはよく思うのです。「あ、わたし、テキトーベーシストだな」と。

たくさんいます、好きな人。でもなかなか踏み込めない。そういう性分なのかもしれません。

ですが、
The Room界隈の友人よりQ.A.S.B.を紹介してもらったその日から
わたしはQ.A.S.B.のとりこに、
そしてプレイヤー一人ひとりのファンになり、
大好きなベーシストが、できたわけですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年の秋にKobさん脱退のお知らせを見たとき、3つの想いが浮かび上がりました。

1.大好きなQ.A.S.B.が、大変そうだ…
2.Kobさんのベースを聴けなくなるなんて…
3.これからどんなサウンドになるのだろうか…

その頃特に気に入っていたMexicanを聴きながら
ぐるりと想いを巡らせていると
好きが高じてしまい、わたしの中に、4つ目の想いが膨らんでしまいました…

4.Q.A.S.B.の人たちと一緒に音楽をしてみたい…

今思い返せばまあまたなんという単純思考…
(とりあえず基礎練やれってその時の自分に言いたい)
ですが単純だったからこそ、本心で
止められませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

改めまして、この度Q.A.S.B.の二代目ベーシストとして
入団させていただきます。

これまで純粋に好きだったもの
そしてたくさんの方が好きで、聴いてくださっているものに
自分が入っていくこわさや、責任の重さは
感じています。

だからこそ、たくさんの方の想いを継いで
精一杯、心を込めて鳴らします!

演奏しながら床を削れる靴を探している新米ですが
みなさまこれからどうぞ、よろしくお願いいたします。

Shelly

2019年1月2日水曜日

NEW ALBUM "Thinking Of You"の配信開始と各楽曲の歌詞解説

vo.のa.yu.mi.です☺❤


2019年!明けましておめでとうございます!!
昨年は沢山の出来事があり、皆様には大変お世話になりました。
本当にありがとうございました!
本年もQ.A.S.B.一同、何卒宜しくお願い致します^^

さて、タイトルにもあります通り、
12月19日に発売となったQ.A.S.B.の4枚目となるアルバム"Thinking Of You"が
1月1日の元旦に各音楽ストリーミングサービスで配信開始となりました🎉

詳細はココをクリック!

Apple Music
Google Play
Spotify
YouTube Music
amazon music
dミュージック
Line Music
music.jp
OTOTOY
mysound
KK Box
mora
レコチョク
ひかりTVミュージック

で視聴可能となりますので是非チェックして頂けたら嬉しいです!

そして、

配信開始に伴い、各楽曲の歌詞の紹介をしようと思います。
既に7インチ化した楽曲のThinking Of You、Hold Me、You Make Me Feel、Get Downはこちらに歌詞の内容を記載しておりますので、今回は新たに4曲ほど紹介したいと思います。

まずは9月23日に7インチが発売されましたYou're My Star。
この曲を初めて聴いた時、まっさきにイメージしたのが夜空でした。
ABメロは真っ暗な空を彷徨っているのですが、サビになると輝いた星達が流星の様に空を駆ける。それを歌詞に ました。
"嬉しい時私は空を見上げるわ
悲しい時も空を見上げるの
暗闇で彷徨った私を照らし導いてくれたのはあなた
あなたは私のたった一つの星よ etc..”みたいな感じです。
日本語にするとかなり照れくさいですね笑
そしてこの曲には個人的な裏話がありまして、Q.A.S.B.の3rdアルバムに収録されております"You're My Music"のアンサーソングという位置付けで歌詞を書き下ろしております。
タイトルを決める時、You "Are" My Starにした方が良いのでは?というリーダーの助言もありましたが、ここはYou're My Musicと同様に"You're"でいかせてくださいと押し切ったという秘話もあったり。
そんなストーリーがあるYou're My Starですが、なんと!ありがたい事に7インチがSold Outとなりました!!
ゲットしてくださった皆様、本当にありがとうございました♡


お次はYou're My Starの7インチのSIDE Bに収録されております""Come On!"です。
この曲はFunk臭がプンプンしておりましたので歌詞も15分くらいで決まりましたw
一晩中踊ろう!叫ぼう!Funkしよう!という極めて単純な歌詞ですが、曲がなんともgroovyなのでそちらを存分に味わって頂きたい1曲となっております。


そして3曲目はGarden Of Love。
この曲を初めて聴いた時は春のお花畑を想像しました。
暖かい陽射しに優しく咲く花。そこには自分を曇らすものなど何一つない。
そんなイメージで歌詞を書きました。
間奏のkeyソロもすごく温かいメロディアスなラインで個人的にはすごくお気に入りの1曲です。
※Q.A.S.B.リハーサル時には「次ガーデニングの曲やるよ〜」「早見優っぽい曲やろw」など色々と声が上がっているのはここだけの秘密という事で笑


そしてラストはDo The Funk!
この曲はQ.A.S.B.史上初の日本語歌詞という事で歌詞は曲を聞いて頂いたらすぐお分かりになるかと思います。

しかし、

この曲を作るまではQ.A.S.B.はずっと英詞で通していたので日本語で作って良いのだろうか?という一抹の不安はありましたが、新たなQ.A.S.B.も見せていくべきだ!という強い想いのもと日本詞をつけさせて頂きました。

今後も日本語の歌詞は作っていきたいと考えておりますので次回のアルバム!?(出せればw)では日本語もちょいちょい出てくるかと思いますので、皆さん一緒に歌って下さい^^


という事で長くなりましたが、Thinking Of Youというアルバムが1人でも多くの方の耳に届く事を願って、これからもQ.A.S.B.は精進して参ります!!



最後までありがとうございました!!

a.yu.mi.

2018年12月30日日曜日

2018年年末のご挨拶と振り返り

サックス担当Uzoです。

一応、Q.A.S.B.の副リーダーということもありまして、年末らしく今年の振り返りを・・・





まずは、何より今年も一年クラブシーンの皆様を始め、沢山の方々に支えていただき、充実した日々を過ごすことができました。ありがとうございました!来年もよろしくお願いします!

来年のことは年始のブログで触れるとしまして・・・今年も色んなことがありました。メンバーの出会いと別れ、主催パーティーのDiggin' The Floorを本格的に実施した年でもありました。

写真と共に、オフィシャルページの過去リンクもはってますので、是非自分と一緒に振り返ってみてください!





2018年、最初はこの年の活動の中心となるDiggin' The Floor!

2018.2.11(Sun) Diggin' The Floor vol.2
http://qasb.net/archives/1368

前Q.A.S.B.リーダーのrobさんのバンドRob&Cats。DJには今もしょっちゅう肩を並べて酒を酌み交わしてるマーさんことBabymarさんと、Sho Da Scottieさんをお招きしての開催回でした。Robさんとの久々のステージでの再会、感慨深かったっすねー!



少し空いて次のイベントもDiggin' The Floorでした。

2018.5.20(Sun) Diggin' The Floor Vol.3
http://qasb.net/archives/1379

この回のゲストバンドはQ.A.S.B.の新しい衣装でもお世話になりましたシノさん包するKinzto(金字塔)、DJにKinztoからの推薦でkozmicさん、我らがアイドルねもっちゃんことSNDさんでした。わたくし、Uzoの誕生日当日ということで、大いにはしゃぎました!



そして、珍しく1ヶ月程度で次のイベントに出演!
2018.6.30(Sat) SOULBOOK2018
http://qasb.net/archives/1391

先日衝撃の解散が発表されましたズクナシさん主催の特大パーティー、SOULBOOKにも念願叶って出演できました!クルーからプッシュいただいたということで、ホントにありがたいお話しです!



暑い暑い夏が過ぎ、大分定着してきましたDiggin' The Floor!

2018.9.9(Sun) Diggin’ The Floor Vol.4
http://qasb.net/archives/1403

先日のリリースパーティーでQ.A.S.B.のメンバーも参加しておりましたバンドONEGRAMさん、DJには前々からホントに一緒にやりたかったMitsman Grooveさん、William Breakからステファニーさんをお招きしました。ゲストのミックス具合や、特に運営の面でようやくこのパーティーも手応えを感じられるようになってきました。



9月は盛りだくさんで、シンガーがa.yu.mi.さんに変わってから三作品目のシングルのリリースもありました。

9/22 New Single ”You're My Star / Come On!” リリース
http://qasb.net/archives/1420



そして、このタイミングで衣装も新しくなり、イメージチェンジ!

アーティスト写真が新しくなりました
http://qasb.net/archives/1439

先にも触れました、Kinztoのシノさんがメンバーの衣装を、a.yu.mi.さんの衣装はDJのAfro Teeさんのチョイス。ありがとうございました!



新しい衣装での最初の出演は、TheRoomの人気パーティー、ゆらぎでした。

2018.9.23(Sun) ゆらぎ~House Multidirection~祝100回記念 feat Q.A.S.B.
http://qasb.net/archives/1455

呼んでいただく度に、節目となる重要なタイミングで演奏させていただいて、本当にありがとうございます!



ゆらぎの出演時に新規加入のアッキーさんも加わり、久々のパーカッションのあるサウンドをお届けすることができました!

新メンバー加入のお知らせ
http://qasb.net/archives/1471



出会いがあれば、別れもあり・・・。最後のQ.A.S.B.創設メンバーであり、Q.A.S.B.サウンドの中心となっていたベースのkobさんの脱退がありました・・・。

Q.A.S.B. より大切なお知らせ~Kobがバンドを卒業します
http://qasb.net/archives/1477



kobさんのラストステージとなったのは、やはり、一周年でもあったDiggin' The Floor。

2018.11.18(Sun) Diggin’ The Floor Vol.5   ~1st Anniversary~
http://qasb.net/archives/1480

ゲストバンドは下北沢の雄、BasementBarのクックさん率いるミートザホープス、DJにはBasementBarで知ってからいつかやってもらいたいと思っていたEMARLEさん、そして我らがアニキTomoさん。一周年にして、最高の開催回になりました。



悲しんでばかりはおれません!年末には、アルバム(CD)をリリース!

12/19 CDアルバム"Thinking Of You"をリリース!
http://qasb.net/archives/1492

先にリリースしたYou Are My Star同様、シンガーa.yu.mi.を前面に押し出した、新しいQ.A.S.B. を特徴付けるアルバムとなりました。






活動こそそこまで多くはないバンドではありますが、こうして振り返るとホントに色々とありました。
充実してきたパーティーの開催、パーティーへの出演の中で、kobさんの脱退、それに伴うDiggin' The Floorの休止とありましたが、来年に向けてのアルバムの発表と新メンバーのアッキーさんの加入、そして新たなベーシスト・・・とご期待いただける素材もある中で迎える年末!



今年も本当にお世話になりました。来年もQ.A.S.B.をよろしくお願いいたします!

良いお年を!

2018年12月18日火曜日

New Album "Thinking Of You" リリースにあたっての ”超” Special Thanks

鍵盤のマサです。
大変お待たせしておりましたアルバム(CD)「Thinking Of You」がいよいよ今週水曜日19日に発売となります!!

リリースにあたって何から書けば良いのだろうと迷うほど色々ありすぎて困ってしまっていますが、まずは音楽からお聴きいただきましょう。
もうチェックしていただいた方もいるかと思いますが、全10曲ちょっとずつですがトレイラーです。

トラックリストはこちら↓
1. Thinking Of You
2. You're My Star
3. Garden Of Love
4. Double Decker
5. Hold Me
6. Come On!
7. You Make Me Feel
8. Do The Funk
9. Get Down
10. Thinking Of You feat. Hiro-a-key


Vocal が a.yu.mi.ちゃんに代わって最初の録音が2017年3月。アルバム制作はそこからスタートしましたが、約2年の間にいろんな方々にお世話になりました。
本当にたくさんの方々なので、ごく一部ではありますが縁があってこのCDに関わっていただいた方々のご紹介したいと思います (五十音順)

* * * * *

■ ERISA (塩野えりさ)さん
ライブも含めてストリングスはシンセサイザーで対応することが多いのですが、これだけはどうしても生バイオリンでないと出せない!という曲を中心にお願いしました。
全編にわたって生バイオリンが活躍する 4. Double Decker では特に効果を発揮。また、5. Hold Me のイントロに普段ライブでは演奏しないストリングスの早いパッセージがあるんですが、これまた生バイオリンならではの
弦楽器の録音は初めての試みで現場は時間に追われてバタバタしてしまい申し訳なかったのですが、
日曜日には日ノ出サンデーズでウサギになって横浜近郊に出没しているようなので、お近くの方は是非チェックしてみてください!

■ 沖野 修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE / KYOTO JAZZ SEXTET) さん
セカンド、サードアルバムに引き続き今回も帯にコメントいただきました。
3回目ともなるとさすがに語彙に困ってしまうかなとも思ったのですが、そこはさすが沖野さん!アルバムの特徴を的確につかんで表現してくださいました。
沖野さんをはじめとして、よくQ.A.S.B. の曲をプレイしてくださる DJ KAWASAKIさんなど渋谷 THE ROOM のDJ、スタッフさんには大変お世話になっています。
コメントの最後に「ライブ楽しみにしてますよ!」とありましたので、リリースライブは是非 THE ROOM で!(できるかな?)

■ 岸野 崇 (AFRO TEE)さん
Soul/Funk DJとしても知られている AFRO TEE さんにアルバムのアートワークをお願いしました。
普段から某社でメジャーなアーティストのアートワークを担当されているので、安心してお任せできました。
セカンド、サードのややアブストラクトなデザインから一新して a.yu.mi. ちゃんを前面に出したデザインでいきたいという要望だけしか伝えられなかったのですが、素晴らしいジャケットを完成してくれました。ちなみにメンバーの衣装の中で唯一 a.yu.mi. ちゃんの衣装は岸野さんのセレクションです。

■ 小西 康陽さん
帯にコメントいただきました。
コメントにも書いていただいているのですが、7. You Make Me Feel をいたく気に入っていただいており、毎月第三金曜深夜 Organ Bar でのイベント”A(エース)”でもほぼ毎回プレイしていただいているほど。
小西さんのことはもちろん昔から一方的に存じ上げてましたが、JET SET さん企画の「アーティスト・DJが選ぶ2017年ベストディスク」の2番目にこの曲が含まれる7インチ "Hold Me / You Make Me Feel" をあげてくださったのをきっかけに今年の4月にようやくご本人とお話しすることができました。
学生だった頃、とある感度の高いミュージシャンが集まる音楽サークルの友人から PIZZICATO V のファーストアルバム「カップルズ」を知って不思議な音楽だなと思い、セカンドの「ベリッシマ」でグッと引き込まれて、少し置いて「Sweet Pizzicato V」で完全にはまってしまいました。自分からすると ”雲の上の人" である小西さんからコメントをいただくなんて夢のような話です。
PIZZICATO V のことはまた機会を改めて書いてみようと思ってます。

■ 駒木野 稔 (disk union) さん
今回の CD の流通はdisk union さん。
周知の通り、残念ながら CD が売れなくなってきているこの時世に、快く流通を引き受けていただきました。
disk union さんの専門はもちろん7インチレコード、LPなどアナログレコード。僕が運営している Soul Garden Records の作品もいつもお取り扱いいただいていて。本当に感謝してます!

■ 篠 俊充(Kinzto 金字塔)さん
今回のジャケ写とアー写用に衣装をコーディネートしてくださいました。
インスト・ファンク・バンド Kinzto (金字塔) のキーボーディストでもあるシノさん。ファンク音楽に精通したカッコ良いオルガンフレーズを聴かせてくれますが、ファッション業界でも活躍されています。
多忙な中、また酷暑の中、渋谷某所までお越しいただき、衣装選びをテキパキと進めていただきました。実際、バンドメンバーだけでお店に行って衣装を選ぶとなると1日かけても終わらなかったのではないかと思われ、付き添っていただいて本当に助かりました!
それはそうと、Kinztoさんと言えば、今年5月の Q.A.S.B. Presents "Diggin' The Floor Vol.3" に出演いただき、圧巻のサウンドとパフォーマンスで会場を盛り上げていただきました。
また、是非対バンさせていただけたらと思います。

■ SPUTNIKさん
ジャケ写、アー写を撮影していただきました。
7月の暑さがうだる気温28度の深夜から朝方の渋谷、再開発で数年後には無くなってしまうだろう渋谷駅から桜丘にかけての歩道橋をバックに撮影しました。
午前2時に桜丘のジョナサンに集合して撮影し始めたのが3時半くらいだったでしょうか、もちろん、撮影許可を取っているわけでなくゲリラ的に行うつもりだったのですが、たまたまサッカーW杯の決勝の日だったということを後になって知り、ちゃんと撮影できるのだろうか、大丈夫かな?とやきもきしましたが、センター街方面から大騒ぎしている人々の歓声が聞こえてくるものの、人通りはそれほどでもなく、夜間の自然光(?)を利用していい写真が撮れました。


■ 中里たかしさん
JariBu Afrobeat Arkestra でもメンバーとして活躍しているパーカッションの中里たかしさん。
メンバーだったパーカッションの Micky が抜けた後をサポートしてくださいました。
本作で参加してくださった曲はそれぞれ趣向が異なる 2. You're My Star 、3. Garden Of Love6.Come On! の3曲。JariBu のレコーディングでも限られた時間をうまく効率的に使っている中里さんをよく見てますが、今回のレコーディングでもサクサクと進めていただきました。
去年の7インチのリリースパーティーでも叩いてくれて、間違いのない頼りになるパーカッショニストです!

■ Hiro-a-key さん
Hiro-a-keyさんはこのアルバムのタイトル曲である 1. Thinking Of You の作詞者。
また、ボーナストラック的に最後の曲に入っている 10. Thinking Of You feat. Hiro-a-key ではリズミカルかつ甘いヴォイスを披露してくれています。
5. Hold Me9. Get Down でもコーラスとして参加してくださっています。
レコーディングの現場では英語の発音のアドバイスもいただきました。
リリースライブでは是非またご一緒させてください!

■ 松下真也(Studio Dede) さん
2011年10月に録音した "The Mexican" 以来6年ぶりに担当していただきました。
2009年のファーストアルバムからのおつきあいですが、当時からアナログレコーディングに精通していて驚いた記憶が鮮明に残っています。
今回の一連の録音では、場面場面で一緒に音楽を作ってくださったと思います。

■ RYUHEI THE MANさん
セカンドアルバムに続いてコメントをいただきました。
"The Mexican Part1&2"、 "Never Did I Stop Loving You / Never Did I Stop Dubbing You" の7インチ2作ではプロデュースしていただくなど、Q.A.S.B. にとってはかけがえのない日本の Soul/Funk のトップDJ。今回も RYUHEI さんの人柄がひしひしと伝わる心温まるお言葉を頂戴いたしました。
以前企画していた Soul Garden という不定期イベントでは毎回 "Special" Guest DJ として登場していただいてました。各所引っ張りだこで大忙しの RYUHEI さんですが、いつかまた一緒のイベントにご出演いただきたいなと思ってます。


■ 吉川昭仁(Studio Dede) さん
今回もマスタリングをやっていただきました。
マスタリングは上池袋にあるレコーディングスタジオではなく、目白にある Dede AIR で行っているのですが、どうやらここでマスタリングをやるのはこれで最後になりそう。というのも、吉川さんは来年には渡米してブルックリンに新しくマスタリングスタジオを作られるとのこと。吉川さんらしいすごい決断だなと思います。
データのやり取りはオンラインでできるということで、次回作も是非お願いできればと思っています。

* * * * *

繰り返しになりますが、現場でプレイしてくださる DJさんなど、まだまだ他にもお世話になった方が多数いらっしゃいます。バンドメンバーを代表して感謝を込めて御礼を申し上げます。


今回のアルバムのディストリビューションは disk union さんですが、その disk union さん、タワーレコードさん、HMV (BOOKS & HMV、 HMV record shop を含む)さん、AMAZONさん、芽瑠璃堂さんでお取り扱いしています。

お店によっては前日の火曜日から発売開始されているお店があると思うので、お近くのお店をチェックしてみてください。

よろしくお願いします!

2018年11月6日火曜日

退団に寄せて

ベースの者です。

2005年10月の初ライブから丸13年が経過しました。結成時まだ30代半ばだった自分も、気が付けば来月50代へと到達します。単純計算するとこれまでの人生の26パーセント、つまり4分の1強の期間、このバンドに在籍していたことになります。数値化するとすごいね(笑)。

そんな自分が、このたび遂に抜けることになりました。理由については私の本業での責任が増大し、多忙化したことが一番大きいのですが、それと同時にQ.A.S.B.のようなガチンコの音楽活動そのものに、個人として一旦ピリオドを打とうと決意した次第です。

さて、これまで我々Q.A.S.B.のサウンドが世で語られる際、ベースパートについて言及されることはほとんどありませんでした。それが即ち、自分の在り方、プレイスタイルの表れだったんだなぁ、と思います。特別派手なことはせず(本当は「できず」ですw)、ひたすらグルーヴの創出に徹してきました。
でもほんと、皆さんの耳に私のベースはどう聞こえていたんだろうか…。

この13年間は振り返るとあっという間でしたが、喜怒哀楽の全てをこのバンドで経験することができました。いろーんな思い出がてんこ盛りでここに書くトピックが絞れません。ぜひQ.A.S.B.blogで私が担当していたバンド史をご一読下さい(笑)。

そして在籍中本当にたくさんの方々にお世話になりました。
過去在籍してくれたメンバーのみんな。
バンドが大変な時に助けて下さったトラの皆様。
ライブやレコーディング等でお世話になった関係者の皆様。
イベントを共に盛り上げて下さったDJ、対バンの皆様。
我々の演奏を現場・音源で楽しんで下さった大事なお客様方。
そして、今まで一緒に戦ってくれた現メンバーのみんな。

個別に書くと大変な数になってしまいますので恐縮ながら略させていただきますが、お一人お一人、心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

近い未来このバンドにはこれまで以上のビッグウェーブが到来する、そんな予感がします。私も「乗るしかない!」と言いたいところではありますが、その波乗り役は、残ったメンバーに託そうと思います。ヨロシク頼みます!

というわけで、来たる11月18日「Diggin' The Floor vol.5 ~1st Anniversary~」が私の最後の現場となります。ベーシストらしく平常運転で演奏します。一部で期待されている号泣等はないと思われます(Q.A.S.B.の楽曲たちは実は結構大変でして、本番中感傷に浸る余裕が無いのですよ…)。

私がこのバンドで涙するのは、後日初めて客席側からQ.A.S.B.の演奏を観ることになった時、かもしれません(実はその時を楽しみにしています)。

とにもかくにも11.18渋谷LOFT HEAVENでお会いしましょう!
13年間本当にありがとうございました!

Kob

Diggin' The Floor Vol.5 ~1st Anniversary~

Date : 2018.11.18 (Sun)
Place : Loft Heaven 東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F
TEL:03-6427-4651 
web: http://loft-prj.co.jp/heaven/
Open & Start : 18:00
Entrance : ¥2,000+1D
Guest DJ : EMARLE, Tomo(Twilight City Records)
Guest Band : ミートザホープス
Host : Q.A.S.B.




2018年10月7日日曜日

Q.A.S.B.史第9回〜2011,2012年のライブ活動

ベース担当Kobです。
先月、バンドからのお知らせで少しばかり皆様を驚かせてしまいましたが、それについてはまた改めてコメントの機会を頂くと致しまして、しばらくはシレーっとバンド史の更新を続けてまいります!
時間がない!急がなくては!!

さてさて、まずは前回の訂正というか追加から。
2010年ですが最後の出演が抜けてしまっていました。


2010年12月19日(日)渋谷・NoStyle

「Bottle」7回目の出演でした!


大変失礼いたしました!

と、2010年まで順調に少しずつですがステップアップしてきたQ.A.S.B.ですが、翌2011年はメンバーチェンジ等で苦難の多い一年になりました。
それでは2011年の出演ライブを振り返ってまいります。


2011年02月11日(金・祝)吉祥寺・曼茶羅

「LOVE HUMAN vol.5」 出演


Mandaraさんのブッキングライブに出演。対バンはAFRO&The Funk Soul Brothers。

このライブ限りで初代ギタリスト、そしてバンドリーダーだったRob.Tが仕事の都合により活動を休止。初期のQ.A.S.B.の楽曲の多くを手がけ、サウンド面でリーダーシップを取っていた彼の離脱はバンドにとってとても大きな出来事でした。
それから時は流れ2015年、彼は70'S ニューソウル系バンドRob&Catsを結成。今年2月には共演も実現しました!個人的に実に感慨深かったです。
以後Q.A.S.B.はリーダーをAmy.A、バンマスをきたの(現UZO)に据え、活動を続けていきますが、ギター、そしてドラムも初代ドラマーtakettieの仕事の激化に伴いトラ(ヘルプメンバー)の起用が続いていきます。そしてその後、3.11の影響もあり、難しい時期になっていきます。


2011年02月20日(日)渋谷・NoStyle

「Bottle」8回目の出演。


ギターはそのけんさん、ドラムはSHIN3000さん。


¥2011年04月10日(日)渋谷・ClubBar FAMILY

「Possibility」に出演。

ギターは小野アイカさん、ドラムはFREEFUNKの浦上義高さん。


2011年04月16日(土)渋谷・LUSH

「Stormer 5th Anniversary」に出演


この日もギターは小野アイカさん。以降継続して参加していただき、Q.A.S.B.2代目ギタリストに。そしてドラムはFREEFUNKの浦上義高さん。
共演バンドは、SOUL FORTUNE SOCIETY(現STORMER & THE STOLEN HEARTS(お世話になっております))、CALVIN AND LIL DEEPS。


2011年05月29日(日)西麻布・SWEET EMOTION

『SOWL NIGHTER』vol.7 -1st Anniversary- 出演


この日もドラムはFREEFUNKの浦上義高さん。
この日はとにかくまぁひでえ豪雨で、お客様も本当に少なかったことをよく覚えています。そんな状況の中共演したのがThe Divasだったというご縁も(お世話になっております)。


2011年07月03日(日)渋谷・ClubBar FAMILY

所属レーベル主催イベント「Soul Garden」出演。


この日は確かカバー曲とかもあって女性ボーカリスト2人(emiko smileさん, あやごん。さん(from annarhythm , GOGA) がゲストに加わっての演奏でした。そしてドラムは在日ファンク等で活動中の永田真毅さん。
DJはRyuhei The Manさん、DOY AYERSさん, DJ SNDさん。

更にこの日はパーカッションのみっきーがフードを担当。以降このSoul Gardenでは恒例となっていきます。パーカスはただでさえ持ち込み機材が多いのに更に調理器具等々で毎回大変な大荷物でございましたね。毎回おつかれさまでした。


2011年11月06日(日)渋谷・ClubBar FAMILY

所属レーベル主催イベント「Soul Garden」出演。


この日より前述の小野アイカさんが正式メンバー入り。
そして!同じくこの日から、中崎さちさんがドラムとして加入!!
もう7年経つんだねぇ…さっちゃん。
DJはLincolnさん、DOY AYERSさん、DJ SNDさん。
共演バンドはJariBu Afrobeat Arkestra。Q.A.S.B.のShowではフルートのMAKIさんとのコラボでギル・スコット・ヘロンのBottleも披露。

そしてこの日もみっきーがフードを担当。当時の記録には彼の並々ならぬ気合が表明されていました。
FOODは前回大好評であっという間に売り切れてしまった、あの Q's Kitchen Akihabara Shibuya支店が、再び登場!! Q.A.S.B.のパーカッション担当みっきープロデュース!!
「2回目にして修業時代の原点に立ち返り、和の心意気で勝負!!数々の素材の持ち味を損なう事なく堪能出来る今回のFOODメニュー、とくとご賞味あれ!」


2011年12月18日(日)渋谷・NoStyle

「Bottle」9回目の出演。


前年に続き、2011年の掉尾を飾ったのも、やはり切っても切れないBottleでございました!
本当に本当にお世話になり、ありがとうございます!!


さてさて、そして今回は立て続けに2012年の記録もまとめました!

この年は、様々な試みにも果敢にチャレンジしたぜ!
そんな一年でした。


¥201234日(日) 渋谷・Club Bar Family

レーベル主催イベント「Soul Garden Vol.3」に出演。



RYUHEI THE MANさんプロデュースによるシングル、"The Mexican”のリリースパーティとして開催されました。
このThe MexicanがQ.A.S.B.を今まで認知していなかった層にも知らしめるヒットとなりました。

Live : Q.A.S.B.,JariBu Afrobeat Arkestra (SoulGardenRecords)
Special Guest Dj:RYUHEI THE MAN (universounds / The Man's World Productions)
Dj: DOY AYERS, HICKEY(CHAMP / NATULAX RECORDS)
Food : Q's kitchen Akihabara SHIBUYA支店


2012年3月11日(日)渋谷・Sound Museum VISION

震災チャリティー・コンサート2012「PRAY FOR JAPAN」に出演。


2週連続のライブは、チャリティライブへの出演でした。
ジャンル問わず多種多様な出演者の中に加えていただきました。

この日のギターは平野雅己さんにお願いしました!


2012年4月1日(日)川崎・CLUB CITTA'

「三度の飯よりBREAKIN' 10 YEAR ANNIVERSARY "OLD SCHOOL SPECIAL”」にゲスト出演。


このイベントでの演奏は、それまで経験したことがない演奏形式でした。
なんせ、「3on3のダンスバトルのトラックを全部生演奏でやっちゃう」わけですから…
生演奏は決勝バトルだけでしたが、いやぁ、なんとも凄まじい体験でした。
バンドは舞台上で演奏しているその舞台下で、メインののダンスバトルが繰り広げられているわけです。Breakingの知識は全くない私でしたが、技術はもちろん、バチバチした感じとか熱気とか、ハイレベルな戦いをしっかり感じることができました。

そんなことで、このイベントに限ってはカヴァー曲をメインに行いました。
3つの決勝バトル、それぞれノンストップでメドレー仕立てにして構成。

そしてこのイベントのもう一つのエピソードとしては、現ヴォーカリストのa.yu.mi.が、コーラスパート担当で一緒に出演していたということ。
まさか数年後に彼女が真ん中に立つことになるとは…
本人もメンバーも、誰も考えていなかったわけです。

(下の動画にもちらっと映りますよw)




2012年4月20日(金)渋谷・JZ Brat

「Tokyo Souldrive vol.5」に出演。

Hirokingさんが主催するパーティにお呼び頂きました。
このイベントでもダンスとのコラボがあり、GOGO BROTHERSとのセッションを敢行しました!

http://tokyosouldrive.com/vol5/


2012年5月13日(日)下北沢・440

「BEBOP SQUARE」に出演。

この日は鍵盤のMASA、そしてTbのmikisukeが出演できず、2管+ツインギターという変則編成でお送りしました。
ツインギターのもう1人は、平野雅己くんの再登板。

Resident DJ: Lincoln/SOS/The Spot
Guest DJ: TOJO(afrontier)


2012年6月10日(日)渋谷・Club Bar Family

「Possibility 6th Anniversary」に出演。

Feat Dj:DOME
Dj:TKYM , HICKEY, C-KEN, 広瀬 亮, Doy Ayers, Yuko Hiramoto


2012年7月1日(日)渋谷・Club Bar Family

レーベル主催イベント「Soul Garden Vol.4」に出演。


この回はイベント復活1周年ということでRyuhei The Manさん、そして関西からFabulous Vibrationsをお招きしました!

Live : Fabulous Vibrations , Q.A.S.B. (SoulGardenRecords)
Special Guest Dj:RYUHEI THE MAN (universounds / The Man’s World Productions), DJ TAIZO (LESSON ZERO)
Regular Dj: DOY AYERS
Food : Q’s kitchen Akihabara SHIBUYA支店


2012年9月28日(金)西麻布・ELEVEN

EIREEN<アイリーン>



この日は、主催のMACKA-CHINさん、そしてラッパーB.D.さんとのコラボもありました。


2012年11月4日(日)渋谷・Club Bar Family

レーベル主催イベント「Soul Garden Vol.5」に出演。


この日はTp.のすとっちは欠席。そして、世界でも類をみない試みとして、Perc.みっきーによる料理ソロ(ほんとに料理する) が曲中に繰り広げられました(笑)。

自分もベースを弾いていたのであまり残像は無いのですが、結構ドタバタだったように記憶しております。こんなことも、多芸多才な人間の集まるQ.A.S.B.ならでは、ということで…!

Special Guest DJ:RYUHEI THE MAN (universounds / The Man’s World Productions)
Guest DJ : Ryo Kanno (ONION RECORDS)
Regular DJ : DOY AYERS
Live : Q.A.S.B. (SoulGardenRecords)
Food : Q’s kitchen Akihabara SHIBUYA支店

以上、2011年、そして2012年のライブ活動のまとめでした!
この先も急ピッチで編纂を進めます!
まだまだお付き合い願います!

2018年9月1日土曜日

New Single Release / Diggin' The Floor Vol.4

鍵盤のマサです。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、今月22日(土)にいよいよ新アナログシングルがリリースされます!しかもカヴァー付き!

”You're My Music / Come On!”

実は Q.A.S.B. の7インチにカヴァーが付くのは今回が初めて。

この10年くらい(いやもっとか?)新譜の7インチにカヴァーが付いているものは珍しかったのですが、この1〜2年くらいでしょうか、逆にカヴァーが付いている方が主流になってきているように思います。

この傾向はしばらく続いている 80年代の ”和物” ブームの影響なのかもしれませんが、日本盤のリリースに特に強く見られますね(昔の7インチはほとんどカヴァーが付いていました)。ということで流行に乗っかってみました(笑)

* * * * *

肝心の音の方ですが、少しばかり紹介しておきます!




Cat.# : SG-061
Artist : Q.A.S.B.
Title : You're My Star  / Come On!
Format : 7"
Release : 22 September,  2018
Price : JPY 1,620 (tax included)

* * * * *

次回ライブ "Diggin The Floor Vol.4!" も来週日曜日9月9日に迫ってきました!
もちろん、今回リリースのこの2曲も演奏します。

性格は違いますが両曲ともにダンサブルなチューン、是非 ”床を削り” に来てください!
お待ちしています!


* * * * *


Diggin' The Floor Vol.4

Date : 2018.9.9 (Sun)
Place : Loft Heaven 東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F
TEL:03-6427-4651 web:http://loft-prj.co.jp/heaven/
Open & Start : 17:00
Entrance : ¥2,000+1D
Guest DJ : Mitsman Groove, STEFANY(William Break)
Guest Band :ONEGRAM(ワングラム)
Host : Q.A.S.B.



2018年7月6日金曜日

Q.A.S.B.史第8回〜2010年の活動

ベース担当Kobです。
タイトルを見て「おおっ」となった方もいらっしゃるかもしれませんね。
予告無く休載状態でした当シリーズ、突然ですが復活です。

といっても、もはや記憶もかなり薄く(というよりいろんな記憶がごちゃ混ぜになっております)、記録もあまり残っていませんので、この先はかなりいい加減な連載記事になりますことを予めお詫び申し上げます…ちなみに今回の2010年の活動については、Live記録のみとなってしまいます。重ねてすみません。

2010年1月9日(土)新中野・LiveCafe弁天
Live:Result/AirBlue, Q.A.S.B., Babymode(ex.アンナリズム)
2010年2月21日(日)渋谷・NoStyle
「Bottle」4回目の出演。 
2010年4月18日(日)渋谷・NoStyle
「Bottle」5回目の出演。この2月と4月のBottleにはどうしても出られないメンバーが複数いたので、本来であればトラ(代役)を立てるか、お断りするか、というところなのですが、この2回については「Q.P.Express」という規模縮小版のユニットを組んで、インストカヴァーを中心にライブを行いました。普段やらない楽曲をやったので、これを見た人は今になってみると貴重だったと思います。
2010年6月20日(日)渋谷・NoStyle
「Bottle」6回目の出演。この回のゲストDJはRyuhei The Man氏。ここがQ.A.S.B.にとって、一つの重要な佳節となったわけですね…
2010年8月13日(金)大阪梅田・シャングリラ
FABULOUS FRIDAY VOL.3
初の遠征。大好きなバンド、FABULOUS VIBRATIONSのイベントにお呼び戴きました。これもまた振り返ると意義深いイベントでした。 
というのも、この日共演したバンドの中にはズクナシさんがいたのです。それから8年弱の時を経て、先日SOUL BOOKに初めてお呼び戴きました…初期メンの私としては感慨深いものがあります。ありがとうございました。
何せこの日は初の遠征でしたから、本番以外の思い出もあったりします。本番前に会場近くのスカイビルの中にあった喝鈍という店へきたの@@さん(現UZOさん)に 連れて行ってもらったこと(他店舗ですが彼の学生時代のバイト先だったそうです)。鰻谷のバーでタイゾーさんに朝まで付き合ってもらい、更に新大阪駅まで車で送っていただいたこと(ありがとうございました)。右も左もわからない我々でしたが、貴重な経験をさせてもらいました。感謝感謝。
2010年9月5日(日)吉祥寺・Mandara
AfroSoundSystem presents "Black Voices"、JariBu Afrobeat Arkestraさん主催のイベントでした。 
2010年10月30日(土)元住吉・Powers2
東京から川を渡って川崎市中原区。この日は、私的に様々お世話になっている武蔵小杉のソウルバー「SOUL  BEAT」さんと、今も私が営んでいる新丸子RUFUSの合同イベントでございました。そして会場は元住吉のPOWERS2。新丸子・武蔵小杉・元住吉。市内の東横線全駅制覇なイベントでした(笑)。 共演はセルジオ・ムトウさん&ウッディファンクさん、メインDJはJB SEKIさん。趣深いセットです。
思えばQ.A.S.B.のデビューライブも弊店の3周年イベントでした。そんな弊店も今月の28日をもって閉店することになりました。オープンから15年と9ヶ月。我ながらよーがんばった。最後、一部の皆様には惜しまれつつ、華々しく散ります! 無くなるまでに一度は行ってやろうかな、という方は公式Webをチェックしてみて下さいね。
以上、今回は2010年のバンド史をお届けいたしました。
次回2011年編、お楽しみに。