Tokyo based funk/soul group,Q.A.S.B.'s Official Blog

2018年7月6日金曜日

Q.A.S.B.史第8回〜2010年の活動

ベース担当Kobです。
タイトルを見て「おおっ」となった方もいらっしゃるかもしれませんね。
予告無く休載状態でした当シリーズ、突然ですが復活です。

といっても、もはや記憶もかなり薄く(というよりいろんな記憶がごちゃ混ぜになっております)、記録もあまり残っていませんので、この先はかなりいい加減な連載記事になりますことを予めお詫び申し上げます…ちなみに今回の2010年の活動については、Live記録のみとなってしまいます。重ねてすみません。

2010年1月9日(土)新中野・LiveCafe弁天
Live:Result/AirBlue, Q.A.S.B., Babymode(ex.アンナリズム)
2010年2月21日(日)渋谷・NoStyle
「Bottle」4回目の出演。 
2010年4月18日(日)渋谷・NoStyle
「Bottle」5回目の出演。この2月と4月のBottleにはどうしても出られないメンバーが複数いたので、本来であればトラ(代役)を立てるか、お断りするか、というところなのですが、この2回については「Q.P.Express」という規模縮小版のユニットを組んで、インストカヴァーを中心にライブを行いました。普段やらない楽曲をやったので、これを見た人は今になってみると貴重だったと思います。
2010年6月20日(日)渋谷・NoStyle
「Bottle」6回目の出演。この回のゲストDJはRyuhei The Man氏。ここがQ.A.S.B.にとって、一つの重要な佳節となったわけですね…
2010年8月13日(金)大阪梅田・シャングリラ
FABULOUS FRIDAY VOL.3
初の遠征。大好きなバンド、FABULOUS VIBRATIONSのイベントにお呼び戴きました。これもまた振り返ると意義深いイベントでした。 
というのも、この日共演したバンドの中にはズクナシさんがいたのです。それから8年弱の時を経て、先日SOUL BOOKに初めてお呼び戴きました…初期メンの私としては感慨深いものがあります。ありがとうございました。
何せこの日は初の遠征でしたから、本番以外の思い出もあったりします。本番前に会場近くのスカイビルの中にあった喝鈍という店へきたの@@さん(現UZOさん)に 連れて行ってもらったこと(他店舗ですが彼の学生時代のバイト先だったそうです)。鰻谷のバーでタイゾーさんに朝まで付き合ってもらい、更に新大阪駅まで車で送っていただいたこと(ありがとうございました)。右も左もわからない我々でしたが、貴重な経験をさせてもらいました。感謝感謝。
2010年9月5日(日)吉祥寺・Mandara
AfroSoundSystem presents "Black Voices"、JariBu Afrobeat Arkestraさん主催のイベントでした。 
2010年10月30日(土)元住吉・Powers2
東京から川を渡って川崎市中原区。この日は、私的に様々お世話になっている武蔵小杉のソウルバー「SOUL  BEAT」さんと、今も私が営んでいる新丸子RUFUSの合同イベントでございました。そして会場は元住吉のPOWERS2。新丸子・武蔵小杉・元住吉。市内の東横線全駅制覇なイベントでした(笑)。 共演はセルジオ・ムトウさん&ウッディファンクさん、メインDJはJB SEKIさん。趣深いセットです。
思えばQ.A.S.B.のデビューライブも弊店の3周年イベントでした。そんな弊店も今月の28日をもって閉店することになりました。オープンから15年と9ヶ月。我ながらよーがんばった。最後、一部の皆様には惜しまれつつ、華々しく散ります! 無くなるまでに一度は行ってやろうかな、という方は公式Webをチェックしてみて下さいね。
以上、今回は2010年のバンド史をお届けいたしました。
次回2011年編、お楽しみに。


2018年6月18日月曜日

SOULBOOK への道

鍵盤の Masa です。

うちのニコラ(イヌ)はイヌなのに”散歩嫌い”というちょっと変わったイヌでして、外に連れ出すのが大変なので最近はほとんど外に出ることはなくなってしまいました。

それでも人と会うのは好きなようで、基本誰が来ても歓迎します。いろいろ調べてみるとイヌは散歩させないとストレスを溜めるので良くないという意見が多い一方で、獣医さんからはイヌは放っておいても見ていないところで意外に動いているもんなので気にしなくて良いとも言われたり、どちらが正解なんだろうと思いつつ、やはり散歩に出ない日々が続きます。


*  *  *  *  *


最近はひどい殺人事件とか凶悪な犯罪のニュースが毎日のようにありますが、平和だと思われていた渋谷でも先月宇田川町付近で人が刺されたというニュースがありました。

ちょうどその日の深夜に宇田川町にいたので良く覚えています。というのも、犯人はラズベリー色のT−Shirt を着ていたらしいんですが、そのラズベリー色ってどんな色なのか?というのが気になって仕方なく、これも調べてみても茶色というかチョコレート色みたいな感じで、いやこれは違うだろうということで、結局ラズベリー色の正体はわかりませんでした。そもそも深夜に T-Shirt の色をちゃんと認識できるのだろうかというのもあります。

ちなみに犯人は最近捕まったようで何よりでした。



*  *  *  *  *


本屋さんなんかどこも同じだろうと思ってるとそうでもなく、うちの近所のサンブックス浜田山という本屋はよくある街の小さな書店であるにもかかわらず、必ず店主が推薦する気まぐれなコーナーが1ヶ月ごとに置き換わるシステムになっていて、なかなか工夫しているなあと感心します。とは言うものの、あまのじゃくな私はその作戦には乗らず、そのコーナーから一度も購入したことはないんですが。。。

もう少し大きな本屋さんだと、渋谷の modi にある HMV & BOOKS は利用することが多いのですが、決して品揃えは豊富ではないのに新旧問わず良書が揃っていて、それも行くたびに配列にちょっとした変化があって、恐らくちゃんとプロデューサーがいるんでしょう、ついつい長居してしまいます。

で、数週間前に購入したのが、これ 「今こそ アーレントを読み直す」。


どちらかというと哲学書はかなり苦手な方で、途中で諦めてしまうタイプですが、この本を読むとアーレントは面白そうでした。思考実験ではなく、ユダヤ人である彼女の戦時中の実体験に基づく政治哲学は、単に多様性の受容のみならず自ら思考・行動することの難しさを指摘してくれます。

例を挙げると、「全体主義の起源」という著作の元になる事件、わかりやすくいうと「ヒトラーのドイツ」「スターリンのソ連」がなぜ実現してしまったのか?それは”大衆”と言われる一般市民が自ら思考することを放棄してしまった怠慢に根元があるというもの。日々の自分の生活でも思い当たることは非常にたくさんあり、このことは常に意識していないとつい流されてしまうので気を付けたいところです。



*  *  *  *  *



長々と最近思うことを綴ってきましたが、要は ”SOULBOOKへの道のり”は長かったということです。
"SOULBOOK" というのは、ズクナシさんはじめHOST DJが毎年主宰していただいているいわば室内フェスに相当する一大イベント。ついに Q.A.S.B. もお誘いをいただきました。
豪華な布陣の中で、精一杯頑張って演奏しますので、是非見に来てくださいね!


2018年6月30日(土)
BASEMENTBAR&THREE二店舗開催
SOULBOOK 2018
OPEN&START19:00〜MIDNIGHT
ADV¥3,500-/DOOR¥4,000-(+1D)
※アフロ割 ¥500-OFF!!(カツラ可)

■LIVE■
ズクナシ
三宅伸治&梅津和時
BANDERAS
CHAN-MIKA BAND
Frisco
Muff
Q.A.S.B.
Stompin’ Riffraffs
アラゲホンジ
宇田川別館バンド
ミートザホープス

■HOST DJ■
MICCYAN
北島友太
後藤”shima”ヒロシ
MATSUI

■guest DJ■
はせはじむ
akira メンフィス兄弟。
DJ Tomo(Twilight City Records)
マイケル(Tangle)
寺島英知郎
越後修一(MEME)
HAPPFAT
shimpei(でらSOUL/FOR BEAT)
gocci(ローリン!ミラーボーラーズ)
EMARLE
SHOCK★BOOTS
NAGATA(good so good!!/BYE CHOOSE)
LUCKY SPIRITS(Ryusei/JUDGEMAN)

■DANCE■
TAKURO+Hinoken+Bro’D+Masaaki+anju

■LIVE PAINT■
azusa ono

■︎RECORD SHOP■
Eat Records × SOULBOOK

■出店■
MATSUI SOUP CURRY

■INFORMATION■
http://soulbook.jp

■チケット取扱■
◉イープラス
◉下北沢BASEMENT BAR 店頭販売
◉WEBフォーム予約 http://soulbook.jp/
◉販売協力店
・吉祥寺 world kitchen BAOBAB
・下北沢 zakka&peace Rhythm9
・select shop リズム横浜
・田無 For beat
・下北沢メンフィス兄弟。



2018年5月18日金曜日

LIVEだ、LIVE!

ご無沙汰してます!月日がたつのは早いですね〜。
Tbのマキコです。


5/20(日)はお待ちかねのDiggin’n The Floor Vol.3です!
LAST WALTZの床を存分に削っちゃってくださいっ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
詳細はコチラ↓↓
https://www.facebook.com/events/2059781124291369??ti=ia

バンドは金字塔さん、DJはKozmicさんとSNDという豪華ラインナップ❤︎
さらに、Q.A.S.B.はリアルお誕生日のユウゾーの企画で新たな試みをやっちゃいます!
題して「DJ Q.A.S.B.Funk Mix」♪( ´θ`)ノ
Funkの名曲とQ.A.S.B.のオリジナルの「Mix」
カバーでもメドレーでもない「Mix」です。お楽しみに〜!!


そして、6/30(土)にはあのSOUL BOOKに出演です!!
詳細はコチラ↓↓
https://www.facebook.com/events/175435749774180??ti=ia

ズクナシさん主催の年に一度の特大パーティ*\(^o^)/*
こちらも楽しみでしかないっ!!




まずは5/20にLAST WALTZ in LOFTにてお待ちしてます!!
みんなでユウゾーと乾杯しよう(笑)

2018年3月10日土曜日

Q.A.S.B.レコーディングでしたの巻

みなさまお久しぶりです。ドラムの者です。春が来そうで来ない、複雑な時期をいかがお過ごしでしょうか。
2月の最終土曜と日曜に我がQ.A.S.B.はStudio dedeさんにてレコーディングを行いました。次回アルバムに収録する予定の3曲を。
前回のブログで自慢したNew Drum Kitを持ち込んでの録音でした。

より70年代っぽい音に近づけるためバスドラムのフロントヘッドを外して毛布をかぶせての録り音は強烈でした。低音の響きがまるで別物ですよ♪
シンバルはパイステとイスタンブール。スプラッシュがセイビアン。今回も抜群の相性でした。高校生の頃初めて買ったドラムセットに付いてたシンバルスタンドも登場しました。物持ちいいわ〜(笑)
実はこの日スネアを2台使ったんですが、そのうち1台を取り違えて持ってきてしまったんですw潔く受け入れてそれで録音したら、思いがけず曲に合ってて「コレは神の思し召しだ」と思うことにしました。

レコーディング風景も。パーカッションセットを撮ろうとしたら期せずしてベースのkobさんのアー写っぽくなったwモニタ越しのホーンセクションも。
スタジオの冷蔵庫がマーシャルΣ(-∀-ノ)ノスイッチ類は動きます。改造したら音出せそうです。
レコーディングの段取りはこれまで史上最高にスムーズに進みました。ボーカルA.YU.MI.の進化にはみんな目を見張りました。驚きのなめらかシルキーボイス。こちらもドラムと同様まるで別物の印象!若いって素晴らしいwぜひ発表を心待ちにしていてくださいませ。
シレッと写真上部に写っているのはジャリブなどでもお馴染みのパーカッショニスト中里たかしさん。ツボを心得たプレイでほぼ一発OKでした!
写真下は間違い探しw的なやつを。エンジニアの松下さんを探せ!(違)

録音した音源はこれからミックス作業、マスタリングを経て皆さんの手元に届くことになります。もうしばらく楽しみにお待ちください!絶対いいものに仕上げますので!
ではでは、またお会いしましょう( ̄ω ̄)ノ

2018年1月4日木曜日

2018!!

皆様、明けましておめでとうございます!
2018年第一発目のブログはわたくし、a.yu.mi.が担当させていただきます!


まずは渋谷HOMEで開催したカウントダウンパーティーに足を運んでくださった皆様ありがとうございました!!
数あるイベントの中でQ.A.S.B.と一緒に年を越して頂き、メンバー一同大変嬉しく思います^^
個人的な感想としてはNEW STOLEN HEARTSの玉井さんとのコラボがめちゃめちゃ楽しくてまた一緒にやりたいなぁと密かに思っていますw


話は変わり、私なりに昨年を振り返ってみると、


2017年のQ.A.S.B.は、私のヴォーカルでの初7インチリリースや自主企画のイベント"Diggin' The Floor"の開催スタートなど精力的に活動した年でした。
初レコーディングの数日前に腰の持病が再発しコルセットをしながら何十時間も歌った事や(笑)、イベントを通して沢山の方に出逢えた、そんな色濃い1年でした。
これも偏にイベントに遊びに来て下さる方や、アナログ・CDを買ってくださった方、いつも応援をしてくださった方がいたからこそ実現出来た事だとしみじみと感じております☺!!
本当にありがとうございます。


そして今年のQ.A.S.B.はと言いますと「昨年以上に」精力的に音楽活動に勤しんでいく所存です!!
自主企画イベント"Diggin' The Floor"では昨年以上に床を削り・削ってもらいますし、新譜もレコーディングしていきます!!

そして、皆様の心に寄り添える音楽を創っていけるよう、メンバー一同精進して参りますので2018年も何卒、宜しくお願いします❤




今年は戌年という事で、Q.A.S.B.リーダーのマサさんの愛犬ニコさん❤の写真を1枚w
(実はSoul Garden Recordsの会長という噂も・・)


☝LIVE INFO☝
Q.A.S.B. presents "Diggin' The Floor"
2018.02.11 sun.
OPEN 16:30  CLOSE 22:30
¥2,000(1d)
☆DJ☆
Babymar
SHO DA SCOTTIE
★BAND★
Rob&Cats
Q.A.S.B.







2017年12月27日水曜日

2017年年末のご挨拶と振り返り

ども、Uzoことサックス担当のユウゾーです!

まずは年末のご挨拶というところで、今年もQ.A.S.B.はたくさんの方々に支えられて走り続けられました。本当に心より感謝しております!来年もしっかり走り続けていきますので、ぜひぜひ引き続きよろしくお願いいたします。

今年はよいこと、つらいこと、色々ありました。

まずは、Q.A.S.B.のボーカルがAmy Aさんからa.yu.mi.さんに代わって1年がたち、その新しいサウンドをクラブシーンへ送り出す、挑戦の年でもありました。

2017年はレコーディングに向けての動きから始まりました。初のa.yu.mi.さん参加曲の録音、そして新しい試みとして生のバイオリンを入れるべく塩野さんにご協力いただいたり、ゲストシンガーとして多方面で活躍されているHiro-a-keyさんにご協力いただいたりと、ボーカルにプラスしてQ.A.S.B.としても革新を求めて動き出したという感じですね。


レコーディングの期間中、少し表立ったライブ等が無さすぎたということで、Q.A.S.B.フルメンバーではありませんが、5/20に渋谷宇田川のGallery&bar Cocoonさんにて初めての自主企画パーティーをやったりもしました。たいへんにぎわいまして、本当に感謝感謝です!(http://qasb.net/archives/1198


そして、ついに7インチシングル「Thinking Of You / Thinking Of You feat. Hiro-a-key」のリリースへ!
7/16開催のclub bar Familyさんにてレーベル主催イベント「Soul Garden vol.12」出演時に、皆様にお目見えしたのち、7/22にリリースされました。方々で大変うれしい、ありがたいコメントをいただき、本当にうれしかったです。
(http://qasb.net/archives/1217)


しかし、「Soul Garden vol.12」を最後に、初代メンバーでパーカッション担当のMickyさんが脱退しました。なかなか良いこと尽くめでは行けないものです。。。

そんな中ではありますが、9/23に後続の2タイトル、7インチシングル「Get Down / Double Decker」と「Hold Me / You Make Me Feel」をリリース!そして、9/24に渋谷UNDER DEER LOUNEGさんにてニューシングル3タイトルのリリースパーティーを実施いたしました。こちらも多くの方にご来場いただき、ありがとうございます!(http://qasb.net/archives/1244)



かくして、Q.A.S.B.の革新が詰まった2017年のレコーディング作品はリリースされたのですが、今年のQ.A.S.B.はさらなる革新を求めました!

5月ごろに1部のメンバーでホストをやったパーティーはありましたが、今度はフルメンバーで、さらに、定期開催を目指すパーティーを渋谷Last Waltz by shiosaiさんで立ち上げました。その名も「Diggin' The Floor」。そう、床を削るパーティー!11/19に第一回を開催いたしましたがこちらもまた多くの方にお越しいただき、誠にありがとうございます。今後も続いていきますので、Q.A.S.B.ならではのブッキングをお楽しみいただければと思います!(http://qasb.net/archives/1257)


こうやって振り返ってみると、色々やったな・・・という一年でしたねぇ。そんな思いにふける年末に衝撃的なサプライズが!Jetsetさんで実施されている企画「アーティスト・DJが選ぶ2017年ベストディスク!」にて、小西康陽さんになんと2位にピックアップいただき、大変ありがたいコメントを頂戴しました!年末に今年一番の衝撃が来るとは思いもよりませんでした。(https://www.jetsetrecords.net/feature/219)

そして、いよいよ今年も終わっていくわけですが、Q.A.S.B.は、今年はShibuya Homeさんにてカウントダウンライブに参加させていただきます!なんと、Q.A.S.B.はカウントダウン担当!そして、ゲストにNEW STOLEN HEARTSのストーマー玉井さんも参加するというスペシャルな内容になっております!ぜひぜひお越しください、乾杯しましょう!(http://qasb.net/archives/1361)


今年一年は本当にありがとうございました。また、来年も現場でメンバーと会う機会もあると思いますので、その際はぜひぜひ乾杯してください!
これからもQ.A.S.B.をよろしくお願いいたします!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ライブ情報]
Shibuya HOME COUNTDOWN Party 2017→20182017.12.31(日)→2018.01.01(月)

Open / Start 18:30
ADV \2000 / DOOR \2500 (+1D)
<LIVE> Q.A.S.B. / 中塚武 / ADAM at / videobrother / senkawos / showmore
<GUEST DJ> 中塚武
<DJ> MICCYAN (FRANTIC BROWN BEAT!) / 北島友太 / 後藤"shima"ヒロシ (Jukebox rhythm) / さかゑ (上野のロックンローラー) / yuka (tokyo midnight homeless) / めんち / dadamusica / MIYA-KEN (HOME)
<年越しそば> ナカザワ亭 with メンチケンジ


2017年12月8日金曜日

2017年を振り返る?

長い間更新できず申し訳ありません。
久々の今回はベース担当Kobがお届けします。

今朝Facebookを開きましたら。

「2017年の出来事を動画で振り返ってみよう。」と。

冗談ジャナイヨ!
マダ2017オワッテナイヨ!
マダ20日イジョアルヨ!
ワタシラモスジャナイヨ!
てな気分です。

師走ですよ?
センセイだけじゃなくて大体皆走ってるでしょ?
そもそも年賀状書く前に振り返りさせるなよ。
クリスマス休暇からのハピニュイヤうえーいな欧米人はいいよな(偏見)

すみません、少し取り乱しました。

確かに私にとっても2017年、色々ありました。
Q.A.S.B.も、色々ありました。
但し、振り返るにはまだ早いのです。
私個人も、バンドも、まだまだ年内のミッションは残っているのです。

私がオーナーをしているバーは30日まで営業なのです。
例年30日まで営業して一年の納めとしています。
いつも通りならね。

しかし今年はそれじゃあ納まらない。
ちゃちゃーん(懐かしのWin95終了音)。

今年は大晦日まで頑張ります。
最後はバンドで納めます。
皆さんもこれで納めて下さい。
大晦日の夜は紅白も格闘技もダウンタウンも捨てて、渋谷HOMEへ行きましょう。
Shibuya HOME COUNTDOWN Party 2017→20182017.12.31(日)→2018.01.01(月)
Open / Start 19:00 (予定)
ADV ¥2000 / DOOR ¥2500 (+1D)
Q.A.S.B. / ADAM at / videobrother / senkawos / showmoreand more…MICCYAN (FRANTIC BROWN BEAT!) / 北島友太 / 後藤”shima”ヒロシ (Jukebox rhythm) / さかゑ (上野のロックンローラー) / yuka (tokyo midnight homeless) / めんち / dadamusica / MIYA-KEN (HOME)<年越しそば> ナカザワ亭 with メンチケンジ 
 http://qasb.net/archives/1361
なお今回Q.A.S.B.はカウントダウン担当となりますので、是非一緒に年越ししましょう!

あ…店のクリスマス装飾まだやってなかったわ…

2017年9月19日火曜日

"Q.A.S.B. New Singles" (CD) 会場限定発売

鍵盤のマサです。

いよいよ今週末の日曜日 9月24日は Q.A.S.B. - New Singles Release Party (渋谷 UNDER DEER Lounge)です!
メンバー一同ご来場をお待ちしております!

Q.A.S.B. New Singles Release Party




Date : 2017.09.24 (sun.)
Open & Start : 17:00
Entrance : Door ¥2,500+1D / Adv ¥2,000+1D
Live : Q.A.S.B.
Guest DJ : @&m, Shima(Soul Matters)
Special Guest : Hiro-a-key

*こちらで参加ボタン押していただいた方は前売料金でご案内いたします。


今回の Release Party の主役はもちろん7インチ3タイトルなんですが、これだとやはりレコード・プレイヤー持っていない人にとってはやっぱりピンとこないというか、

” DJのためのパーティー?”

みたいな感じに思われてしまうのはあんまし良くないなあと。

とうことで、今回は会場販売限定のCDも作ることにしました。


繰り返しになりますが、これ、ライブ会場でしか販売しません!
つまり、ライブに来ないと買えないという仕組みになっている抱き合わせ商法となっております。

お値段は 7曲入りで ¥1,500。
ちゃんとプレスしています(CD-R ではないですよ)。

そして、7インチ未収録曲も1曲入っています。日本語ファンク!歌詞は簡単なので、是非ライブは一緒に歌ってください!
あと、それ以外にも1曲だけ、アナログとちょっとだけ違うバージョンの曲があるので要チェックです。

*こちらは7インチの音源より抜粋


そういえば、さっき値段は ¥1,500 と言いましたが、この New Singles Release Party にご来場の方は特別に ¥1,000 でご購入できます。
つまり、¥500 お得です!やっぱり来た方が良いと思います。


ところで、今年は行動範囲がかなり狭いということがつい最近発覚しました。個人的な話ですが。

東は千葉の西船橋の実家、一番西と一番南はもう一つやっているバンド JariBu Afrobeat Arkestra の神奈川の藤沢のライブ、北はおそらく Studio Dedeの上池袋。
95%くらい杉並区か渋谷区で過ごしてしまっているわけで、これは相当保守的というか、かなりマズイですね。

ちょっと対策を考えます。


以上

2017年9月10日日曜日

New7インチの歌詞紹介!(イラスト付き)

こんにちは★
a.yu.mi.(Vo)です!

今回のブログは、9月24日(日)に渋谷UNDER DEER Loungeにて開催される Q.A.S.B. New Singlesリリースパーティに先駆けて曲紹介をしていきたいと思います^^

と、言っても私の担当はVocalなのでどんな歌詞を歌っているのかをご紹介しようと思います!

まずは7月16日に発売されました"Thinking Of You"(SIDE A/SIDE B)



今までのQ.A.S.B.の楽曲の中で唯一Vocalが作詞をしていない曲です。
じゃあ誰が作詞をしたのかと言うと、もう皆さんご存知かと思います、
そう!!Hiro-a-keyさんです!!Yeah!!
7インチのSIDE Bでも一緒に歌って下さっています!!


初めてHiro-a-keyさんのThinking Of You仮歌を聴いた時、すごく暖かい気持ちになったのを覚えています。
この曲は私のデビュー曲でもあり新生Q.A.S.B.の初7インチでもあるので、今回発売する6曲の中では個人的に1番思い入れの深い曲です。


歌詞の内容としては、
恋に傷つき何も手につかなかった私の前に現れたのはあなただったの
もう恋なんてしないと思っていた私に再び愛することを教えてくれた人よ
あなたはいつでもありのままの私でいさせてくれる、これまで誰にも感じた事がないほどの愛する気持ちを今感じているわ
ありがとうなんて言い切れないくらい
だから私はずっとあなたを想い続けていくわ

という感じです!(あくまでも私の中での解釈です)

この曲は恋愛をテーマに歌っていますが、皆さんも素敵な人や大切な仲間、家族がいると思います。私はいつも自分の周りにいてくれる人たちの事を思って、普段伝えられないありがとうの気持ちをこの歌に込めて歌っています。
なので、レコード聴いてくださる時、リリースパーティで聴いてくださる時は大切な誰かを思って聴いて頂ければとっても嬉しいです^^
ちなみに、リリースパーティではHiro-a-keyさんと一緒にThinking Of You歌いますのでお楽しみに〜♪




では続きまして9月23日発売の"Hold Me"(SIDE A)と"You Make Me Feel"(SIDE B)を紹介します。


この2曲はもともと作曲者である我がバンドのリーダーMasaさん(key)から曲のイメージを聞いておりました。


"Hold Me"(SIDE A)
「この曲は華金な感じなんだよね〜笑」というMasaさんのお達しを受けて、わたくし無い頭を振り絞り、一生懸命考えました。そこで浮かんできたのがHold Meでした。
歌詞の内容を簡単に言いますとイケナイ恋の歌です笑
パートナーがいる男性とBarで知り合った女性はその男性に恋に落ちてしまい、実らない恋と分かっていながらも一途に愛してしまうという何とも切ない歌詞に仕上げております。
このブログを読んでいる女性の皆さん、こういう恋愛を経験した方はいらっしゃるでしょうか?
ちなみに私はありません笑



"You Make Me Feel"(SIDEB)
「この曲は自然をイメージした感じ」という事でインスピレーションした結果、雨上がりの朝の森という雰囲気が自分の中でしっくりハマりました。
雨があがった朝、森の木々に露がみずみずしく残っていて、そこに光が差しこんで新しい1日が始まる感覚をこの曲で感じました。
歌詞の内容もすごくナチュラルな感じにしていて、
あなたは私をフレッシュな気持ちにさせてくれるの、雨が上がった時のように
あなたは私を幸せな気分にしてくれるの、空が晴れ渡った時のように
私はありのままのあなたが好きよ
といったニュアンスで歌っています。
ちなみに6曲の中で1番ピュアな曲となっておりますw



それでは最後に同じく9月23日発売の"Get Down"(SIDE A)について語っていきたいと思います。


この曲は一言で言うと、ザ・パーティーソングです。
タイトルのGet Downというのは直訳すると"降りる"という意味なのですが、実はダンスをするなどの意味合いも含んでいます。
なので、Q.A.S.B.7インチの"Get Down"は後者の意味と考えて頂ければと思います。

クラブでDJがかけた曲が自分の大好きな曲ですごくHappyな気持ちになったり、好きな人たちとお酒を乾杯して一緒に音に身を任せたり。
そんな最高に気持ち良い時間を続けようよ!そして楽しもうよ!
という曲になっております。
Get Downがかかったら、その場にいる人がみんな思い思いに踊りだす様な曲にしたい。
そんな思いで歌っております。

リリースパーティでももちろん歌いますので、この曲になったら皆さん!一緒にGet Downしましょうね⭐︎



という事で長文となりましたが、最後までおつき合い頂きありがとうございました!
どこかのタイミングでNew Singleたちを聴く事がありましたら、このブログの内容を思い出して頂けると幸いです。

また、9月24日(日)は生で!歌いますのでお時間の許す方は是非遊びにいらしてくださいませ!!

Q.A.S.B. New Singles Release Party

Date : 2017.09.24 (sun.)
Place : UNDER DEER Lounge
Open & Start : 17:00
Entrance : Door ¥2,500+1D / Adv ¥2,000+1D
Live : Q.A.S.B.
Guest DJ : @&m, Shima(Soul Matters)
Special Guest : Hiro-a-key


以上、a.yu.mi.がお送りしました〜⭐︎