Tokyo based funk/soul group,Q.A.S.B.'s Official Blog

2021年5月3日月曜日

イラストを描いてみたはなし

 こんにちは。トランペット担当のエチゴです。

みなさん、新しいアルバム「Candy Dream」楽しんでいただけておりますでしょうか。

僕がこのバンドに加入したのは2019年からなので今回が初のアルバム収録です。色んな楽しい場面に合うアルバムなんじゃないかなと思っています。

* * * * * * *

今日のおはなしですが、加入する前から個人的にQ.A.S.B.の楽曲はグルーヴの中にやさしい懐かしさと爽やかさがある曲が多いように思っていまして、80〜90年代はじめくらいにみられたグラフィカルなイラストが合うんじゃないかなと感じていました。

そこで、アルバムも出来たので僕の勝手な思いつきで、そんな感じのイラストを描いてみようかなと思い、まずは1枚描いてみました。


いろいろ練習や工夫は必要そうですが、なんだか良い感じに描けたような気がします。
描く過程をみるのも好きなので、タイムラプスにまとめてみました笑

誰に求められたわけでもない完全自己満足企画ですが、たまにはこんな企画も面白いんじゃないかな、なんて思っています。楽しんでくれる方がいれば嬉しいです。


2021年5月2日日曜日

新アルバム 『Candy Dream』発売されました!

鍵盤の Masa です!

 先週水曜日4月28日に通算5枚目のアルバム『Candy Dream』(CD)をリリースしました。録音していただいた Studio Dede さん、カヴァー楽曲の収録を快諾いただいた小西康陽さん、素敵なアートワークを手がけて下さった Yusuke Yoshinaga (solla Inc.) さん、演奏に参加してくださった Hiro-a-key さん、中里たかしさん、もちろんメンバーの皆さん含めて大勢の方々にお世話になりました。感謝申し上げます!

すでに色々な方々に聞いていただきましたが、前作『Thinking Of You』の時と同じく、人によってそれぞれ好きな曲が異なるというのが嬉しいです!


基本的には前作のエヴァーグリーンな Soul Music を継承していますが、前作が全てオリジナル楽曲だったのに対して、今作は2曲のカヴァー曲(ピチカート・ファイヴ「サンキュー」とロイ・エアーズ「Can't You See Me」)が収録されていること、そして前作では日本語歌詞が2曲だったのに対して、今作では「Can't You See Me」以外全て日本語歌詞ということで、さらっと一聴すると結構今までと違った印象を持たれるかもしれませんね!

そうそう、アナログ(LP) は出るのですか?とよく問い合わせいただきますが、お察しの通り、もちろんアナログを出す予定で動いております!

■ 

ということで、アナログが出来るまでの間、気が向いたタイミングで収録曲の楽曲解説を順不同でお送りしようと思います。

あまりのんびりしていると先にアナログが出てしまうかもしれませんが、そうなったらそれでも良いかと(笑)

では、一番最初に出来ていたということで、アルバム収録7曲目の 「The Sun And Moon」 という曲から始めたいと思います。実は初代ベーシストの kob さんの時代からよくライブで演奏していました。

さっさと録音してしまっても良かったのですが、ある考えがあって録音を先延ばしにしていました。

表題もしばらく日本語で「太陽と月」と呼ばれていていました。

拍子抜けするような至ってシンプルなドラムの8ビートで始まるこの曲ですが、不安気な雰囲気の前奏が続きます。

すぐに転調して始まる Aメロ(譜例1) も同じくアンニュイな雰囲気を引きずりますが、 Bメロ(譜例2)で一転明るくポップな展開。

(譜例1)

(譜例2)

Cメロ(譜例3)は解決せずに終わります。

(譜例3)


この3つのメロディはそれぞれに性格が異なっているのですが、実は同一のリズム(譜例4)がモティーフになっています。

(譜例4)

繰り返された後、リズムチェンジして前奏と同じコード進行でジャズ・ファンク風なシンセサイザーによるソロが展開されますが、その後に Bメロ(転調を含む)が再現。

その後に出てくる Cメロ(譜例5)は最初の Cメロ(譜例3) とベース進行は同じなのに(ドミナントセブンのテンションも含めて)コード進行が違うというトリッキーな展開を見せます。

同じ歌詞でも聞こえ方が随分と違うと思います。

(譜例5)


最後はもう一度リズムチェンジして前奏をモティーフとした別展開で終結。

           ■  ■ ■  ■ ■ ■ ■  ■ ■ ■ ■ 

アルバム収録曲の中でも構成も展開も作曲技法的にも複雑な部類に入る曲で、ポップでありながらジャズ・ファンク〜ラテン・フュージョンやAOR の要素も盛り込みかなりレア・グルーヴ度が高い曲だと思います。

歌詞も曲に合っていて、文節の最後にくる「て」という言葉が韻のように未解決感をうまく引き出しているのと、最後の Bメロでは次文節の冒頭に繋がっているところとか、非常に気に入っています。

改めて聴いていただけたら嬉しいです!

それではまた!

<歌詞>

The Sun And Moon 

(A)

グレーのベールが空を包んで

あなたは遠くの街を彷徨う

(B)

雲の切れ間に射す天使の光の様に

煌く眼差しを探して

(C)

通り雨に凍えてしまいそうな日も

いつか出逢える空に明日を描いて

(A)

グレーのベールが青に変わって

微笑むあなたを1人残して

(B)

照りつく陽を浴びて輝く女神の様に

ルージュの肌にkissを隠して

(C)

夕暮れに染まる水面に映る影は

紅の空に優しく包まれて

(B)

雲の切れ間に射す天使の光の様に

煌く眼差しを探して

照りつく陽を浴びて輝く女神の様に

ルージュの肌にkissを隠して

(C)

夕暮れに染まる水面に映る影は

紅の空に優しく包まれて



2020年12月31日木曜日

2020年を振り返って

代表の Masa です!

2020年も残すところ僅かとなりましたが、いつものように1年を振り返りたいと思います。


2020年という年はバンド結成15周年の年ということで、過去の Q.A.S.B. 在籍者の方も交えて記念ライブをやろう!と画策していたのですが、結局それどころかライブを一本もできなかった1年となってしまいました。。。


振り返る内容なんかないじゃないか!


となりますが、何もせず過ごしていたかというと、実はかなりの頻度でリハーサルに入っていて、楽曲制作やレコーディングに勤しんでおりました。


8月にレコーディングした楽曲たちは、前年に録音した曲の一部とともにアルバムとして来年2021年にリリースされる予定ですので、楽しみに待っていただけたらと思います!


* * * * *

さて、前述の通り今年のライブは一本もありませんでしたが、前年録音した曲の "貯蓄" 、そして RYUHEI THE MAN さん主宰の AT HOME SOUND さんのおかげで、リリースは7インチで5タイトル、また、来年リリース予定のアルバム収録曲から配信シングル2曲というなかなかのボリュームになりました。

(Q.A.S.B. の7インチは通算計21タイトル!)


ということで、リリースで1年を振り返ることにします。



* * * * *

2月 

品番:AHS-016

Never Stop Loving You (THE MAN 2020 RE-EDIT) / Never Did I Stop Dubbing You (THE MAN 2020 RE-EDIT) (7")

これは "The Mexican Part 1&2"  に次ぐ Ryuhei The Man さんとのコラボレーション2作目として 2014年5月にリリースした Alice Clark で有名な "Never Did I Stop Loving You" 、そしてインストバージョンとして Side B に収録した "Never Did I Stop Dubbing You" のカップリング7インチをリエディットとした7インチです。

最も精力的にアナログ・レコードを世に送り出している AT HOME SOUND さんから初となるリリースでもあります。

ちなみにインストの "Never Did I Stop Dubbing You" の曲名は、プロ御用達の高円寺のレコードショップ universounds で尾川雄介さん、RYUHEI THE MANさん、そして僕が頭を捻っていたところ、突然 RYUHEI THE MAN さんがボソッと言ったのを尾川さんが聞き逃さず「それいいじゃん!」 と言って決まりました。


3月

品番:SG-069 

Can't You See Me feat. Hiro-a-key / I'm In Love (7")


Roy Ayers - Can't You See Me  それに Nancy Wilson - I'm In Love 、ともに1978年にリリースされた Jazz〜Rare Groove の名曲をカヴァー・カップリングした7インチ。

原曲の音像はそのまま残していますが、"Can't You See Me" では日本を代表するマルチ・シンガー Hiro-a-key さんにスキャットとラップを入れていただくなど全面的にフィーチャー、また "I'm In Love" は原曲よりややテンポを速めてよりグルーヴィーなアレンジにしました。

ちなみにこの Q.A.S.B. 版 "I'm In Love" 、ライムスターの DJ JIN さんが The Room でプレイしてくれたことがあるのですが、僕は始まって15秒くらいまで Nancy Wilson のバージョンだと聞き違えていて、周りから、なんで自分の演奏に気づかないのか?と非難轟々でした(笑)。



6月

品番:SG-065 

The Jet Leg feat. Ryo Nakata (Osaka Monaurail) / Wolf (instrumental) (7")


念願のオーサカ=モノレールの中田亮さんを招いての記念すべき ”The Jet Leg” はもともとは "Welcome To This Floor" というサックスの Yuzo 作のインスト曲でした。

The Room だったか 乃木坂の Cactus だったか忘れてしまいましたが、オーサカ=モノレールのマネジメントをやっていらっしゃる鈴木さんに「中田さんは他のバンドで録音に参加することはあるんでしょうか?」と打診ところ、その場で「是非やらせてください」と即答いただきました。本人いないのに(笑)。

しかしながら、その後、曲を送って、シャウトしてほしい箇所を指摘したものの、その後取り立てて連絡もなくレコーディング日前日となってしまいました。

中田さんのことだから、きっと当日現場で色々アイディアを出してくださるんだろうなあと思って、夜10時くらいに風呂にでも入って寝ようかな・・・

と思っていたら、突然メッセンジャーに歌詞らしき文章がつらつらと送られてきて、それも、時折歌詞と関係ない独り言のような文章が混ざっていたり、うわ何じゃこりゃ!と思っていたら、途中から歌詞の意味など解説が入ってきて、しまいには「曲名変えたらアカんですか?」 と。 ”Welcome To This Floor" に愛着があったように思えたので、Yuzo 君大丈夫かな?と懸念してたのですが、「変えましょう!」と即答、曲名が "The Jet Leg" に瞬時に変わりました(笑) 中田さん、実はこんなにもレコーディングに向けて準備してきてくださったんだなと非常に感銘を受けました。本当にありがとうございました!

長くなるので書きませんが、レコーディングもまぁ面白かったです(笑)。


もう一曲の Wolf (Instrumental) も打っているラテンファンク・ダンサー。

9月

品番:AHS-025

NEXT MESSAGE FROM JAPAN (Mix CD)


番外編的ですが、RYUHEI THE MAN さんの Mix CD に "Get Down (DJ KAWASAKI DISCO RE-EDIT)" と上述の2月にリリースした "Never Did I Stop Loving You (THE MAN 2020 RE-EDIT)" の2曲が収録されています。


品番:SG-071 

Escape / Gotta Believe (7")


ヴォーカリスト a.yu.mi.  の19歳当時の心境を綴った"Escape!" という楽曲が原曲。

2年前のライブでこの曲を Q.A.S.B. 流にアレンジして演奏してみようとなった時にピンときたのが、ご存知 Elegant Funk の代表曲と言っても良い Dayton - The Sound Of Music でした。

マッシュアップ的なアプローチは個人的には楽しかったのですが、a.yu.mi.ちゃん的に大丈夫だったのか今でも少し不安(笑)

でも DJさんにもウケがよく、プレイされているようなので結果ヨシ!



カップリングの "Gotta Believe" もライブでお客さんがよく踊ってくれる曲です。


11月

Candy Dream(ストリーミング配信)


所謂 シティポップ、シティソウルの流れにある曲。

a.yu.mi.ちゃんと歌詞のやり取りをしていたのが去年の春だったと思うので、もう1年半も経ってしまいました。

というか、いつもアイディアを思いついた時に吹き込んでいる iPhoneのボイスメモを辿ってみたら、この曲のスケッチ(断片)は2015年にまで遡ることがわかりました。


12月

品番:AHS-041

Escape (RYUHEI THE MAN ELEGANT DISCO RE-EDIT / THE SOUND OF THE MAN RE-EDIT) (7")


こちらは上述の "Escape" をRYUHEI THE MAN さんが、DJ仕様に大胆にインスト・アレンジした Elegant Funk ならぬ Elegant Disco Re-Edit。

ジャケットが本家の Dayton - The Sound Of Music と瓜二つなのも大胆!


The Sun And Moon (ストリーミング配信)


この曲は シティポップでもビートがロック寄り、でも途中、ラテン的なジャズ・ファンクに変わり、その後ビートが行き来して、非常に忙しいですが(笑)、個人的には最もレア・グルーヴ色の強い曲だと思っております。



以上、リリースで振り返る 2020年でした!


来年もコロナ・ウィルスは予断できない状況ですが、アルバムのリリースもありますので、是非ともライブで皆さんにお会いしたいと思っております。


よろしくお願いします!


Q.A.S.B. Masa

2020年1月18日土曜日

2020年もよろしくお願いします!

サックス担当Uzoです。
本年もよろしくお願いします!

本年は、世間ではオリンピック・パラリンピックの年ですが、我々としては、なんと言ってもQ.A.S.B. 結成15周年の年!

せっかくの節目なので、何か大きなことができればなぁ・・・、と思っているだけでなく、すでにちょっとずつ動き始めております!がんばりますよー!

そして、今年も続々とリリースして参ります!

まずは、2/19の”NEVER DID I STOP LOVING YOU (THE MAN 2020 RE-EDIT)”。

シンガーAmy Aさん時代の作品ですが、RYUHEI THE MANさんとえの企画のカバー楽曲がパワーアップして再びよみがえります!受注生産のようなので、是非是非ご予約を!

昨年からレコーディングしていました作品も春から続々とリリースします!
素晴らしいゲストをフィーチャーした作品、本当に早く聴いてもらいたい!

いつもいつもお世話になってます、hiro-a-keyさん!

そして、今回はついにオーサカ=モノレールの中田亮さんとも!

FacebookやTwitterなどで続々とニュースを出しますので、是非是非チェックしてください!

今年もQ.A.S.B. をよろしくお願いします!

2019年12月31日火曜日

2019年を振り返って

久しぶりのブログの更新となりましたが Q.A.S.B. 代表の Masa です!

新ベーシスト Shelly の加入で始まりました 2019年 、4月には7年にわたりハイトーンと独特のパフォーマンスで聴衆を魅了していトランペットのMOHA くんが去り、新しいトランペッターとして Echigo さんが加入   とメンバーが変わった一年でしたが、おかげさまでアナログ3タイトルをリリースすることができました。




まず、3月に 4枚目のアルバム "Thinking Of You" のアナログLPをGold Color (赤帯) でリリース。嬉しいことにすぐに Sold Out!! ということで 6月には盤面色違い Clear Red Color (金帯)でセカンドプレス! アルバムの楽曲"You Make Me Feel" を日本で一番プレイしてくださる小西康陽さんのロング・コメントもちゃんとフルで掲載させていただきました。
左:1st プレス(Gold)    右:2nd プレス(Clear Red)
こちらでまとめてアルバムお聴きになれますので、まだ聴いたことのない方も、もう何度も聴いて聴き飽きている方も一年の終わりに是非♬



8月には HMV record shop 渋谷さんの5周年記念として、"Thinking Of You" の楽曲の中から、DJ KAWASAKIさんリエディットの "Get Down"、SHO DA SCOTTIE さんリミックスの "Double Decker" のカップリング7インチ Get Down (Dj Kawasaki Disco Re-edit)/ Double Decker: (Sho Da Scottie Remix) をリリースさせていただきました。


Q.A.S.B. の楽曲がリエディット、リミックスされたのは今回が初めてで、こんな機会をくださいました HMV record shop さん、また、企画に快く賛同していただいた DJ KAWASAKI さん、SHO DA SCOTTIE さん どうもありがとうございました!
お二方の素晴らしいアレンジはこちらから♬


そして、今月12月にピチカート・ファイヴの "サンキュー” と "ウィークエンド” をカヴァーした 7インチ”サンキュー/ウィークエンド"をリリース。初の日本語カヴァー楽曲の7インチです!

第三金曜日の渋谷 Organ Bar でのイベント「A(エース)」で小西康陽さんとの会話から生まれたこの企画ですが、選曲・アレンジに関して何かしら口を挟むといったようなことは一切なく(候補曲についてはたくさんいただきました!)、プレッシャーもありつつも6月に a.yu.mi. ちゃんの声が入ったデモ音源を小西さんに聴いていただいたところ、非常に感銘してくださり、安心して録音に臨めました。

配信もすでに始まってますのでこちらでチェックしてみてください!

ちなみにこの配信の "Q.A.S.B. のピチカート・ファイヴ" というタイトルは、オリジナルのピチカート・ファイヴの ”サンキュー”がリリースされた1991年に相次いで発表されたミニアルバム3作『超音速のピチカート・ファイヴ』『最新型のピチカート・ファイヴ』『レディメイドのピチカート・ファイヴ』から借用させていただきました。

この "サンキュー / ウィークエンド” は Shelly さん、Echigo さん、それに昨年秋にメンバーに加わったパーカッショニストの アッキーさんと初のレコーディングということになります。

*****

さて、ライブも9本ということで、イベントにお招きいただきました皆様ありがとうございました!

では、ライブの記録を振り返ります。


3月31日 4th Album "Thinking Of You" Release Party  at SHIBUYA THE ROOM
この日は THE ROOM 店長だった佐藤強志さんの最終日ということで、会場が異様な雰囲気に包まれてました。
沖野修也さんの送る言葉も非常に印象的でした。Guest DJ は RYUHEI THE MAN さんと DJ KAWASAKI さん。
Shelly ちゃん参加後初ライブでした。

5月22日 Q.A.S.B. Special Funky Show!!! at Cafe&Dinner Studio
この時期恒例になりつつあるサックスの Uzo Birthday Bash!!!  でした。
Guest DJ は Babymarさん、MICCYANさん、SHAKKAZOMBIEのTSUTCHIEさん。

6月7日  A-1 LOUNGE at Shibuya RUBY ROOM
久しぶりの深夜イベントでした。Guest DJ は RYUHEI THE MAN さんということもあって、"The Mexican" を久しぶりに演奏。
トランペットの Echigo さん初ライブ。

7月6日  HMV record shop 渋谷 インストアライブ
4th Album "Thinking Of You"  LPのセカンドプレスを記念して HMV record shop 渋谷さんに呼んでいただきました。
よくあるミニライブというよりか、アルバム曲ほとんど演奏するという普通にライブになってしまいました。。。

7月20日 Martinica at 渋谷 OTO
果たしてメンバーが全員入るのだろうか???と心配もありましたが、いつもに増して至近距離のお客さんの声援に支えられて大盛り上がりでした。

9月1日 "Get Down (DJ KAWASAKI DISCO RE-EDIT) / Double Decker (SHO DA SCOTTIE REMIX) " 7インチ Release Party at SHIBUYA THE ROOM
長いタイトルですが(笑)、HMV record shop 渋谷さんの5周年記念の7インチのリリース・パーティーでした。
もちろん Guest DJ は DJ KAWASAKIさんと SHO DA SCOTTIE さん。

9月28日 Céu at 渋谷 LOFT HEAVEN
昨年まで自主イベント "Diggin' The Floor" を開催していた会場で freecubeさん主催のイベントに出させていただきました。
他に対バンで宇田川別館バンドさんも加わって、豪華なバンドイベントでした。

12月20日 UDAGAWA NIGHT CRUISE   at Cafe&Dinner Studio & 宇田川カフェ別館
渋谷宇田川町界隈の DJ、ミュージシャン、バンドが集う大忘年会でした。
数日前にドラムのサチさんが左腕を負傷するという事態発生に大ピンチでしたが、当日は右手だけのドラミングは感動を呼びました。


12月29日 "Give A Man A Break" at 池袋 Knot
やっぱり今年もこのまま渋谷を抜け出すことができないまま終わるのか。。。と思われましたが、年の最後についに初池袋進出!
足を運んでくださった皆様ありがとうございました。

*****

ところで Q.A.S.B. はつい先日までレコーディングを行っておりました。
これらが日の目を見るのは来年春先からになりますが、それに先立ってこちらもうすでに発表されてます。

 RYUHEI THE MAN さんが主宰されている AT HOME SOUND さんから "Never Did I Stop Loving You" のリエディット盤が2月19日にリリースされます。


受注生産ということだそうで、皆さん、ご予約急いでくださいね!

長くなりましたが、この一年制作やライブオーガナイズに関わってくださった皆様、そして Q.A.S.B. の音楽を聴いてくださった皆様に御礼を申し上げます。

では良いお年をお迎えください!

Q.A.S.B.  Masa

2019年8月6日火曜日

トランペットのechigoです

初めまして。トランペットのechigoです。

長年Q.A.S.B.のトランペットを担当していた友人のモハさんが抜けられるということで、5月より引き継ぎさせていただくことになりました。
すでにライブは3回出演していますのでお会いした方もいらっしゃるかもしれません。

今までのモハさんの作ってきたサウンドと僕のスタイルをうまく融合しながらバンドの音楽の中で表現していきたいと思っています。


以下音楽歴をざっくりと自己紹介として書かせていただきます。

青森の中学の吹奏楽でトランペットを始めて、1度しっかりとトランペットを勉強したいと思い大学へ入るために上京しました。なので元々はクラシックを吹くことも多かったです。大学を卒業してからクラシック以外のジャンルの演奏にも興味がでてきたこともありセッションなどに参加するようになりました。このころのいろいろな繋がりがモハさんやトロンボーンのマキコさんやドラムのサチさんとの出会いに、そしてQ.A.S.Bへ参加するきっかけになっていきました。
そして現在は色々な場所での演奏やレッスンなどをして活動しています。

聴いてきた音楽は雑食という感じで
ストラヴィンスキー/ショスタコーヴィチ/エアロスミス/ヴァン・ヘイレン/イングヴェイ/ベン・フォールズ/ブラッド・メルドー/W.マルサリス/パット・メセニー/カラー・ミー・バッド/ロイ・ハーグローブ/オアシス/ピチカートファイブ/サラ・マクラクラン/ファブリッツォ・ボッソ/エンブレイス  などなど

とくにジャンルはなくいろいろ聴くかんじでした。

そしてQ.A.S.B.♪

いつも聴いていただいている皆さんと同じく、僕もQ.A.S.Bの曲が大好きです。

これからこの素敵な曲を演奏できることにとてもワクワクしています。
ライブで皆さんと一緒にQ.A.S.B.の音楽を楽しみたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

2019年4月10日水曜日

卒業します。

お久しぶりです!!トランペットの者こと、MOHAです。

突然ではございますが、私MOHAは、先日のニューアルバムのリリースパーティーを持ってQ.A.S.B.を卒業する事なりました。


ちょうどリリースパーティーの数日前に、仕事の方で4/1付で人事異動が出まして、他の部署に異動になりました。その関係で、今までのような活動が難しくなってしまい、いろいろと悩んだ結果、このような決断になりました事にお許しください。
メンバーの皆さんにもご理解をいただきまして、暖かく卒業という形で迎えていただきました。
僕がQ.A.S.B.に参加したきっかけは
あれは2013年の4月に、ちょうどQ.A.S.B.が2ndアルバムをレコーディングしてる中、トロンボーンのマキコさんから連絡を頂きまして、前任のトランペッターが卒業したので、そのエキストラで残りの楽曲のレコーディングのお誘いがありまして、引き受ける事になりました。
それから3ヶ月後のライブからQ.A.S.B.の正式メンバーとなり、今日まで約7年間活動してきました。
あっという間の7年間。
2ndアルバム、3rdアルバム、ミュージックビデオ、そして昨年末に発売しました4thアルバム、それと数々のライブなどにQ.A.S.B.のメンバーとして活動出来た事、それとQ.A.S.B.を通してたくさんの皆さんに出会えた事は、僕にとってはとてもとても大きな財産です。


今まで本当に大変お世話になりました!!ありがとうございました!!


これからはQ.A.S.B.の卒業生として、今後のQ.A.S.B.の活躍に期待しております!!
日々進化するQ.A.S.B.を、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



2019年2月15日金曜日

Q.A.S.B.史最終回〜2013,2014年のライブ活動

旧ベースの者です。お久しぶりです。
今更ですが昨秋のラストライブのMCでお約束してしまったバンド史のラストです。
もう随分と日が経過してしまいましたが、やりましょう。
今回もライブ記録のみとなります。
長ったらしい文章ですが、最後の方に微笑ましいエピソードがありますので我慢して最後まで読んでね(笑)。
 

2013年01月14日(日)渋谷・ClubBar FAMILY


Q.A.S.B.7inchVinyl Release Party


この日は2枚の7インチシングルのリリースイベントでした。
前年秋、mikisukeさんに代わって加入したトロンボーン担当マキコさんが初登場。

DJに黒田大介さん、RYUHEI THE MANさん、DOY AYERSさん。
我々のShowではMountain Mocha Kilimanjaroの小林”Bobsan”直一さんにMCをお願いし、盛り上げていただきました。

この日は「嵐を呼ぶバンド」Q.A.S.B.の面目躍如、大雪でした。
参考:Q.A.S.B.史第3回〜2006年の活動と、あるジンクスについて
Q.A.S.B.大雪メモリーの中で、個人的に一番つらかった…(アンプ運んでたからね)。

 

2013年02月17日(日)渋谷・NoStyle

 

「Bottle」久々の出演(たぶん10回目)。

 

【GUEST LIVE】Q.A.S.B.
【GUEST DJ】masaki
【DJ's】SND,GAKU,LEEE,ハラダケイスケ
【書道】丸山春楸
【FOOD】すずキッチン
【DESIGN】M.Hirao

【お知らせ】たくさんたくさんお世話になったBottleですが今週末2月17日がラストとのこと。皆さん是非足をお運びください!

→→→ https://www.facebook.com/events/530003434149192

 

2013年04月12日(金)渋谷・The Room


 

「KYOTO JAZZ MASSIVE Presents SOUND SANCTUARY」に出演 。




初めてのThe RoomでのShowでした。
DJは沖野修也さんとOIBONさん。
ギターの小野アイカさん退団に伴い、STORMER & THE STOLEN HEARTSの迫田幾太郎さんに参加頂きました。
バンドとして、新しい展開がスタートした夜でしたね。

 

2013年07月21日(日)渋谷・ClubBar FAMILY

 

所属レーベル主催イベント「Soul Garden Vol.6」出演。



DJはRYUHEI THE MANさん、AFRO-TEEさん、DOY AYERSさん。
ギターはJariBu Afrobeat Arkestraのテッタさん、そしてトランペットのすとっちさん退団を受け、サポートでMOHAさんにご登場いただきました。

 

2013年09月27日(土)渋谷・The Room

 

「CHAMP」に出演。




Roomの定期イベントに2ndアルバムのリリパの意義も込めて出演させて頂きました。
この日のギターは迫田さん。
そして前回手伝ってくれたMOHAさんが正式メンバーに。

[DJ]
YOSUKE TOMINAGA
OIBON
大塚広子
四丁目
HICKEY
中島雅人


2013年のライブ活動はこれでおしまい。
いろいろと転機が訪れた年でしたね。
せっかくなので翌2014年分もおさらいしてしまいましょう!

 

2014年02月08日(土)渋谷・JZ BRAT

 

『TOKYO SOUL DRIVE vol.13』出演



HIROKINGさんのこのイベントに再びお呼び頂きました。
前年のギタリスト募集で加入したYAMAちゃん初登場。

しかしこの日も大雪!!!!!
自分は当初店の営業を終えてから急ぎ車でハコに入る予定だったのですが、
急遽店を休業して電車が動いているうちに移動を済ませて事なきを得ました…


◇Live
 Q.A.S.B.
 Natureal
◇Dance Performance:
 Kumari Suraj
 Downtown Bounce
◇DJs:
 西崎信太郎
 neco DJ
 DJ MASAMI
 DJ HIROKING
◇Guest Bartender
 村田紘子
 山口奈里子

 

2014年03月19日(日)渋谷・ClubBar FAMILY

 

所属レーベル主催イベント「Soul Garden Vol.8」出演。



2ndアルバムのCD発売を記念して“Q.A.S.B.II” CD Release Partyと銘打ち開催。

Special Guest DJ:RYUHEI THE MAN
DJ : AFRO-TEE, Ryo Kanno, DOY AYERS, SND, Grand Master X

 

2014年04月28日(月祝)渋谷・The Room

 

所属レーベル主催イベント「Soul Garden Special at The Room」出演。



主にFamilyで開催していたレーベル主催イベント“Soul Garden”をRoomで特別開催しました。
[LIVE] Q.A.S.B. JariBu Afrobeat Arkestra
[DJ] RYUHEI THE MAN, CICCI

 

20140528日(日) 渋谷・Club Bar Family

 

「club bar FAMILY 18th Anniversary Party」に出演。




Family18周年イベント3daysの最終日にお招き頂きました。
この日は出演者多数につきここでは割愛させて頂きます。

 

2014年06月22日(日)元住吉・Powers2

 

イベント「帰って来た Zen Ra Arkestra」に出演。


A.Saxの高木克明さん企画のライブに出演させて頂きました。
Zen Ra Arkestraと高木トリオが対バンだったのですが、このZen Ra〜にはQ.A.S.B.のサチ、マキコ、モハの3名が参加しており、このメンバーは2ステージこなしたのでした。おつかれさまでした。

そしてZen Ra〜を主催されていた高木さんですが、闘病の末、2017年9月に逝去されました。改めてご冥福をお祈りいたします。

 

2014年11月02日(日)広島 4・14(ヨンジュウヨン)

 

「Hiroshima weekender 2014」に出演。



2010年8月の大阪以来、久しぶりの遠征でした。大阪は贅沢にも新幹線でしたが、この時は10人乗りのワゴン車をレンタカーで借りて夜通し走りました!前にも少し書きましたが、行きは前夜ルーファスに集合し(マキコさんだけスケジュールの都合で往路のみ新幹線入りでしたが)、営業終了後の深夜2時半に出発。運転手は私とサチさんの二人体制でした。

今となっては笑い話ですが、広島について最初にまずお好み焼きが食べたいとなり、不勉強だった我々は、よりによってなんとあの有名店(笑)、「う○し×」に行ってしまったのでした…界隈を歩いていたら「涼しい!!」と誇らしげに掲げられた謎の看板。長旅の疲れか我々はろくにリサーチもせず、「ここでいっか」となってしまい…何も知らない我々は、「これが広島のお好み焼きか…」と思いつつ、皆なんとなく寡黙になっていたように記憶しています(笑)。その後主催の方々にご案内頂いた鉄板焼き屋さんでのお好み焼きのなんと美味しかったこと!この感動を倍化させるために昼間の体験があったのだなと今は思います(笑)。しかし思い返すと遅れて広島入りしたマキコさんは夜の美味しい方しか食べてなかったのだと思うとやっぱり恨めしいですね…

もう一つ笑い話をすると、車での長旅はこまめな休憩が大事ということで、1,2時間毎に高速のサービスエリアに入って運転手の交代や軽い休憩をしていました。すごかったのはモハくんの食欲です。SAに入る度になんか買ったり食ったりしているのです。たぶんすべての休憩でやってました、彼は。あっぱれでした。

以上、2013、2014年のライブ活動のまとめでした!
やはり旅って思い出が残りますよね…こうやってバンド生活を謳歌していたのだなぁ。




さて、現在のQ.A.S.B.の皆さん、既に発表の通り新ベースの者の方(日本語が変)も決まり、そしてメンバー交代後初のLiveShowも決まりましたね!

Q.A.S.B. New Album “Thinking Of You” Release Party

■ Place : THE ROOM Shibuya
■ Date : 2019.03.31(sun)
■ Open : 17:00
■ Close : 23:00
■ Guest DJ : RYUHEI THE MAN、 DJ KAWASAKI
■ Entrance : 2,000 yen (+1d)
■ Advance : 1,500 yen (+1d)

いよいよですなぁ。
新しいQ.A.S.B.、皆さんも是非、歴史の目撃者になって下さい!
自分も楽しみにしています。

私KobのQ.A.S.B.での活動はこの記事で終了です。
事務方の引き継ぎも終わりましたし、今後は一ファンとして、バンドの成長・発展を見つめてまいります。
縦横無尽の活躍を見て指を咥えながら地団駄を踏む、そんな日が来るのを楽しみにしています。

それでは皆様、ごきげんよう。
またいつの日かどこかでお会いしましょう!!

2019年1月23日水曜日

ベースの者、Shellyよりご挨拶


はじめまして。Shellyと申します。

突然ですが、この度ベースの者として、Q.A.S.B.に参加させて頂きます。
これからどうぞよろしくお願いいたします!

そしていきなりのブログ投稿…ちょっと緊張しますが
書きたいことがあります。

何回かの事前セッションや、先日の初回スタジオ練、新年会でメンバに聞かれた

「なんでQ.A.S.B.に入りたいと思ったの??」

「そうやー!志望動機はなんなんやー!!」

という質問に、実はまだちゃんと答えられていませんでした。
入団のご挨拶として、ここに綴りたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

そういえば、もう一つ聞かれていたことがありました
「好きなベーシストは誰かいるの?」

確かに、●●が好きだからこういう弾き方…という凄腕ベーシストさん
世の中にたくさんいらっしゃいます。一貫したスタイルがある方を見て
わたくしはよく思うのです。「あ、わたし、テキトーベーシストだな」と。

たくさんいます、好きな人。でもなかなか踏み込めない。そういう性分なのかもしれません。

ですが、
The Room界隈の友人よりQ.A.S.B.を紹介してもらったその日から
わたしはQ.A.S.B.のとりこに、
そしてプレイヤー一人ひとりのファンになり、
大好きなベーシストが、できたわけですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年の秋にKobさん脱退のお知らせを見たとき、3つの想いが浮かび上がりました。

1.大好きなQ.A.S.B.が、大変そうだ…
2.Kobさんのベースを聴けなくなるなんて…
3.これからどんなサウンドになるのだろうか…

その頃特に気に入っていたMexicanを聴きながら
ぐるりと想いを巡らせていると
好きが高じてしまい、わたしの中に、4つ目の想いが膨らんでしまいました…

4.Q.A.S.B.の人たちと一緒に音楽をしてみたい…

今思い返せばまあまたなんという単純思考…
(とりあえず基礎練やれってその時の自分に言いたい)
ですが単純だったからこそ、本心で
止められませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

改めまして、この度Q.A.S.B.の二代目ベーシストとして
入団させていただきます。

これまで純粋に好きだったもの
そしてたくさんの方が好きで、聴いてくださっているものに
自分が入っていくこわさや、責任の重さは
感じています。

だからこそ、たくさんの方の想いを継いで
精一杯、心を込めて鳴らします!

演奏しながら床を削れる靴を探している新米ですが
みなさまこれからどうぞ、よろしくお願いいたします。

Shelly